「利用者:霧木諒二/vector.js」の版間の差分

m
白紙化。
m (Maintenance: Replacing importScriptURI with mw.loader.load (phab:T95964))
m (白紙化。)
タグ: 白紙化
 
//////////// ここからナビゲーション・ポップアップ [[:en:User:Lupin/popups.js]] ///////////////////////
// 邦訳を指定します。
mw.loader.load('https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=User:Was_a_bee/strings-ja.js' + '&action=raw&ctype=text/javascript');
// スクリプトの本体を取り込みます
mw.loader.load('https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=User:Lupin/popups.js' + '&action=raw&ctype=text/javascript');
//削除や保護ログへのリンクを表示します
popupAdminLinks=true;
//外装の基本スタイルを指定します (選択肢:'original', 'fancy', 'fancy2', 'menus', 'shortmenus', 'lite', 'nostalgia')
popupStructure='menus';
//ショートカットキーを有効にします
popupShortcutKeys=true;
//リンクにマウスを重ねてからポップアップが表示されるまでのタイムラグを秒で指定します
//低速回線や低スペックPCで予期せぬポップアップを負荷に感じる場合は、この数字を「0.8」、「1.0」などと大きくしてください
popupDelay=0.5;
//ポップアップが消えるまでの時間を秒で指定します。消えるのが遅く感じる場合は、この数字を「0.3」、「0」などと小さくしてください
popupHideDelay=0.5;
////下のコメントアウトを外すと(popupDragHandleの先頭の斜線2本を消して保存すると)
////ドラッグだけでポップアップ・ウィンドウを移動できるようになります。
////ただし画像やメニュー部分を掴んでドラッグしようとすると位置がおかしくなります。
////おかしくなった時はブラウザの更新ボタンまたは戻るボタンを押すと元に戻ります。
//popupDragHandle=true;
//////////// ここまでナビゲーション・ポップアップ /////////////////////////////////////////////////////
 
importScript("User:Tietew/submitblock.js");
importScript("User:Tietew/log.js");
importScript("User:Cpro/vfd.js");
importScript("User:Suisui/sysoptools.js");
29,186

回編集