「ロピタルの定理」の版間の差分

m
 
 
==発見==
本定理は[[スイス]]の数学者、ヨハン・ベルヌーイによって発見されたものであるとされている<ref>{{Cite web|url=http://mathworld.wolfram.com/LHospitalsRule.html|title=L'Hospital's Rule|first=Eric W|last=Weisstein|work=MathWorld|publisher=Wolfram Research, Inc|accessdate=21 December 2008}}</ref> ([[ヨハン・ベルヌーイ#ロピタルの定理論争|ロピタルの定理論争]]を参照)。本定理の名称としては、欧州で最初の微分学書である [[:en:l'Analyse des Infiniment Petits pour l'Intelligence des Lignes Courbes|l'Analyse des Infinimentinfiniment Petitspetits pour l'Intelligenceintelligence des Ligneslignes Courbescourbes]] (西暦1696年, 直訳: 曲線の理解のための無限小の解析) を出版し<ref>{{Cite web | url=http://www-history.mcs.st-andrews.ac.uk/Biographies/De_L'Hopital.html|title=De_L'Hopital biography|first=John J.|last=O'Connor|coauthors=Robertson, Edmund F|work=The MacTutor History of Mathematics archive|publisher=School of Mathematics and Statistics, University of St Andrews|location=Scotland|accessdate=21 December 2008}}</ref>、その中で本定理を広く世に知らしめた17世紀の[[フランス]]の[[数学者]]、[[ギヨーム・ド・ロピタル]]の名を冠してロピタルの定理と呼ばれることが通例である。ベルヌーイとロピタルとの間には契約があってロピタルは命名権のためにいくらかの対価を与えたということである。ロピタルの死後にベルヌーイが自分こそが定理の発見者であると暴露した<ref>志村五郎『数学をいかに使うか』筑摩書房刊、2012年(52ページ)</ref>。
 
== 定理 ==
29,187

回編集