「記譜法」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 五線記譜法 ==
現在最も一般的な、水平に引かれた五本の線を用いる記譜法である。配置された各種の[[音符]]は5本の水平線によって[[音高]]が相対的に示される。垂直線は普通[[小節]]線だけであり、水平線のようには細かく書かれないので、音符や[[休符]]を順次並べ、それの持つ[[音価 (音楽)|音価]]によって時間要素を示す。
 
音高を絶対的に表すために普通[[音部記号]]を[[五線譜|五線]]の左端などに置く。また、[[調]]を示し、その調の表記に便利なように、音部記号の次位に[[調号]]を置くことが多い。[[拍子]]記号はその次に置かれる。これらは五線の途中で変わるときには、そこに置かれる。音高の小さな[[半音]]単位の変化を示すためには、[[臨時記号]]を音符の左に置く。