「V2ロケット」の版間の差分

m
(外部リンクの修正 http:// -> https://)
m (→‎開発: typo)
[[1936年]]までには、チームは[[アグリガット (ロケット)#A2|A2]]ロケットの開発計画を終了し、新たに[[アグリガット (ロケット)#A3|A3]] と [[アグリガット (ロケット)#A4|A4]] の開発に着手した。後者は射程距離 175 km、最大高度 80 km、搭載量 約 1 [[トン|t]] として設計された。フォン・ブラウンの設計するロケットは兵器としての現実性を増しつつあり、ドルンベルガーは実験規模を拡大し、かつ研究活動を秘匿するため、開発チームを[[ベルリン]]近郊の[[クマースドルフ陸軍兵器実験場]]([[:de:Kummersdorf-Gut|Heeresversuchsanstalt Kummersdorf]])からドイツ北部[[バルト海]]沿岸の[[ウーゼドム島]][[ペーネミュンデ]]に新設した[[ペーネミュンデ陸軍兵器実験場]]({{Lang|de|HVP}})に移した。
 
A4 の約 1/2 スケールモデルの A3 は4回の打上げに全て失敗したため、[[アグリガット (ロケット)#A5|A5]] の設計が始められた。このバージョンは完璧な信頼性を備え、[[1941年]]までに約70が試射された。
 
最初の A4 は[[1942年]]3月に飛行し、およそ1.6km飛んで海中に落下した。2回目の打上げでは高度 11.2 km に到達して爆発した。