「三岸節子」の版間の差分

経歴追加
(経歴追加)
'''三岸 節子'''(みぎし せつこ、[[1905年]][[1月3日]] - [[1999年]][[4月18日]])は、日本の女性[[洋画家]]で、[[新制作協会]]会員。
== 生涯 ==
[[愛知県]][[中島郡 (愛知県)|中島郡]]起町(現・[[一宮市]]小信中島)の尾張物工場を営む裕福な家の十人兄弟の6番目(4女)に生まれた<ref name ="Shura38"/>。旧姓は吉田永三郎、母は菊<ref name ="kira167">吉良智子『女性画家たちの戦争』[[平凡社]]、p.167</ref>。母菊は、[[安政の大獄]]で死罪となった[[水戸藩]]士・[[鵜飼吉左衛門]](幼名は菊三郎)の一族であった(節子生家近くの頓聴寺住職も鵜飼家の人物であった)。しかし、吉田家は不況のあおりで倒産した。先天性[[股関節]]脱臼を患っており<ref name ="Shura">[[林寛子 (作家)|林寛子]]『三岸節子 修羅の花』女性文庫 p.38</ref>、両親に抑圧されて育った節子も<ref name ="Shura38">[[林寛子 (作家)|林寛子]]『三岸節子 修羅の花』女性文庫 p.39</ref>、この大きなショックからこの頃興味を抱いていた絵の道へと向かっていく。当時の画壇における女性画家の地位向上に努め、生涯にてたくましい精神力で生命を賛歌する作品を描き続けた。
 
[[名古屋市]]の淑徳高等女学校(現・[[愛知淑徳中学校・高等学校|愛知淑徳高等学校]])卒業後日本画をすすめる両親を説得したうえで洋画を学ぶため上京し<ref name ="kira168">吉良智子『女性画家たちの戦争』[[平凡社]]、p.168</ref>、[[本郷洋画研究所]]で[[岡田三郎助]]に師事<ref name ="hanabi32">花美術館 Vol.32</ref>。女子美術学校(現・[[女子美術大学]])の2年次に編入学し<ref name ="hanabi32"/>、首席で卒業した<ref name ="sugao"/>。[[1924年]]に[[三岸好太郎]]と結婚し<ref name ="sugao"/>、[[1930年]]に長男黄太郎を出産するも、[[1934年]]に夫と死別<ref name ="sugao"/>。生活は苦しかったが、[[太平洋戦争]]中も疎開をせず、明るい色調の[[静物画]]を多数描いた<ref>{{Cite web|title=三岸節子回顧展:命燃やし、咲き誇る花|url=https://mainichi.jp/articles/20160420/ddf/012/040/007000c|website=毎日新聞|accessdate=2020-06-18|language=ja}}</ref>。[[1946年]]、[[女流画家協会]]を創立。[[1948年]]から[[菅野圭介]]と事実上の婚約関係にあったが、[[1953年]]に破局。
 
[[1954年]]に息子黄太郎が留学していた[[フランス]]に渡り、[[1968年]]には[[南フランス]]の[[カーニュ=シュル=メール|カーニュ]]に、[[1974年]]には[[ブルゴーニュ地方]]の農村{{仮リンク|ヴェロン (フランス)|en|Véron|label =ヴェロン}}に定住した。息子の黄太郎とともに[[ヨーロッパ]]の各地を巡って[[風景画]]の傑作を生み出し、言葉の通じない異国での孤独感や老化による体の衰えと闘いながら絵を描いた。 [[1989年]]に帰国した時、節子は84歳になっていた。以降は[[神奈川県]][[大磯町]]の自宅兼アトリエにて制作を続けた。
* 1936年 [[佐伯米子]]、[[長谷川春子]]ら6人の女性画家とともに七彩会を結成。
* [[1938年]] 独立美術協会を脱退、翌年新制作協会に参加。
*[[1947年]] 「女流画家協会」創立の発起人となるもその後脱退<ref name ="kira177">吉良智子『女性画家たちの戦争』[[平凡社]]、p.177</ref>
*1948年 菅野圭介と別居結婚<ref name ="sugao"/>。
*[[1951年]] 第一回芸能選奨(現・[[芸術選奨]])文部大臣賞を受賞<ref name ="sugao"/>。
*さいたさいたさくらがさいた
*くちなし
 
== 画風 ==
当時の社会にあった女性らしい作品像の押し付けに反発し、[[アンリ・マティス]]や[[ピエール・ボナール]]、[[ジョルジュ・ブラック]]など近代[[フランス]]の{{仮リンク|フランスの美術|en|French Art|label=絵画}}を取り入れた作風であった<ref name ="kira171">吉良智子『女性画家たちの戦争』[[平凡社]]、p.171</ref>。
 
== 花へのこだわり ==
節子の作品の中には“花”という名前の作品がいくつも残されている。節子にとって花とは生命力を感じさせるもの。花を愛し、生涯に亘り描き続けた。花の作品からは節子の人生がうかがえるほど作品が変化している。
 
[[1950年]]代までは花瓶に挿した花を画面全体に描いている。このころは日本にいるため[[室内画]]が多い<ref name ="kira176">吉良智子『女性画家たちの戦争』[[平凡社]]、p.176</ref>。[[1970年]]代アトリエころからは(フランス)の庭にある花を描いている。このころは日本から海外に舞台を移したことにより、[[風景画]]を描くようになった。
 
== 著書 ==