「三岸節子」の版間の差分

m (→‎参考文献: 出典削除)
== 備考 ==
[[File:ICHINOMIYA CITY MEMORIAL ART MUSEUM of SETSUKO MIGISHI.jpg|thumb|[[三岸節子記念美術館]]]]
* かつて[[名古屋市]]に存在した[[ヒマラヤ美術館]]には三岸節子作品室が設けられ、多数の作品が収蔵されていた。しかし同館の運営母体である[[ヒマラヤ製菓]]の経営危機に伴い大半が流出し、所在が不明になった。その中には、節子の代表作といわれる『ヴェネチア』も含まれている。その後の調査によると、「ヴェネチア」などヒマラヤ製菓の収蔵していた三岸作品の多く一部は名古屋の[[堀美術館]]にあるとの<ref>[https://horimuseum.jp/collection/highlight.html 堀美術館|みどろ]</ref>
* 三岸節子画伯功績を讃え、生涯にわたる作品を収集、展示することによりその画業を永く後世に伝えるとともに市民の美術への関心を高め、芸術に対す深い知識と理解を持ってもらうことを目的として、三岸の生家跡に[[三岸節子記念美術館]]が建設された<ref name ="Hana62">『花美術館』Vol.32 p.62</ref>
 
== 参考文献 ==