「PLANET OF THE APES/猿の惑星」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
| 製作国 = {{USA}}
| 言語 = [[英語]]
| 制作費 = $100,000,000<ref name="box">{{cite web|work=[[Box Office Mojo]] |url=httphttps://www.boxofficemojo.com/moviesrelease/rl3379070465/?id=planetoftheapes01.htm |title=Planet of the Apes |accessdate=2008-09-28}}</ref>
| 興行収入 = {{flagicon|USA}} $180,011,740<br />{{flagicon|USAWorld}}<br />$362,211,740 {{flagicon|World}}<ref name="boxofficebox">{{cite web |url=http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=devilsrejects.htm |title=Planet of the Apes (2001) |accessdate=2009年9月17日|publisher=[[w:Box Office Mojo|Box Office Mojo]]}}</ref><br />{{flagicon|JPN}} 48億円<ref>『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)610頁</ref> {{flagicon|JPN}}
| 前作 =
| 次作 =
 
== 概要 ==
本作は、[[1968年]]の映画『猿の惑星』を「リ・イマジネーション」(再創造)して蘇らせた作品である。一般的には[[リメイク]]と言われることも多いがこれは誤りとされ、監督はリメイクではなくリ・イマジネーションとしており、猿が人間を支配しているという基本設定以外は、まったく異なるストーリーになっている<ref>[http://movies.foxjapan.com/planetoftheapes/intro/ PLANET OF THE APES]</ref><ref>[httphttps://www.cinematoday.jp/page/A0000192 期待のランキングから注目の作品6]</ref>。
 
[[第22回ゴールデンラズベリー賞]]において、最低リメイク賞・最低助演男優賞(チャールトン・ヘストン)・最低助演女優賞([[エステラ・ウォーレン]])を受賞した。
当初のヘイズの脚本では次のようなストーリーとなっていた。「近未来の人類社会では、人類は[[ペスト]]によって絶滅寸前にあった。遺伝学者ウィル・ロビンソンは、ペストは[[旧石器時代]]に遺伝的に組み込まれたものだと論じ、妊娠中だった同僚ビリー・レイ・ダイヤモンドと共に石器時代にタイムスリップして原因を探ろうとした。そこで二人は、人類がドレイク将軍の率いる進化した猿類と生存戦争を繰り広げている事実を知り、その中で二人は[[イヴ|アヴィ]]という次の進化の段階を経た人類の少女を発見する。戦場の中で、二人は猿類が人類を死滅させるウイルスを開発したことを知り、二人は協力してウイルスからアヴィを守り、未来の人類の生存を確保する。人類を守った後、ビリー・レイは男児を出産し、[[アダム]]と名付けた」<ref name="Stone" />。
 
脚本を読んだ[[ピーター・チャーニン]]は、「私が読んだ脚本の中で最良のものだ」と絶賛した<ref name="Stone" />。チャーニンは『''Return to the Planet of the Apes''』の続編やスピンオフのテレビドラマの製作に期待していた<ref name="Stan" />。1994年3月には[[アーノルド・シュワルツェネッガー]]のロビンソン役での起用が決まった。また、特殊メイクにはベイカーの代わりに[[スタン・ウィンストン]]を起用し、監督には[[フィリップ・ノイス]]が起用された<ref name="Noyce">{{cite news|author=[[Anne Thompson (film critic)|Anne Thompson]] |url=http://www.ew.com/ew/article/0,,292533,00.html |title=The ''Apes'' of Wrath |work=[[Entertainment Weekly]] |date=1996-05-17 |accessdate=2008-10-01}}</ref><ref name="Stan">{{cite news|author=Jeffrey Wells |url=http://www.ew.com/ew/article/0,,305006,00.html |title=Monkey Business |work=[[Entertainment Weekly]] |date=1994-12-23 |accessdate=2008-10-01}}</ref><ref name="Ari">{{cite news|author=Scott Brake |url=httphttps://movieswww.ign.com/articles/0342001/034369p1.html02/27/ign-filmforce-takes-you-to-planet-of-the-apes |title=IGN FilmForce Takes You to ''Planet of the Apes''! |work=[[IGN]] |date=2001-02-27 |accessdate=2008-10-02}}</ref>。しかし、20世紀フォックスはヘイズの脚本に対するストーンの解釈に不満を抱いた。マーフィーは「テリーは『[[ターミネーター (映画)|ターミネーター]]』を書き、フォックスは『[[原始家族フリントストーン]]』を望んでいた」と述べた<ref name="Stone" />。20世紀フォックスはコメディ要素を盛り込むように求めたが、ヘイズはこれを拒否したため解雇され、ノイスも『[[セイント (映画)|セイント]]』製作のため1995年12月に監督を離れた<ref name="Noyce" /><ref name="Stone" />。
 
=== クリス・コロンバスの企画 ===
 
=== ティム・バートンの企画 ===
1999年に{{仮リンク|ウィリアム・ブロイルス・ジュニア|en|William Broyles Jr.}}が新しい脚本家として製作に参加した。20世紀フォックスは2001年7月の公開を決定し、2000年2月に[[ティム・バートン]]が監督に起用された<ref>{{cite news|author=Paul F. Duke |url=httphttps://www.variety.com/article2000/film/news/fox-goes-ape-for-burton-1117776621/VR1117776621 |title=Fox goes ''Ape'' for Burton |work=[[Variety (magazine)|Variety]] |date=2000-02-22 |accessdate=2008-09-30}}</ref>。バートンは「私はリメイクや続編を作ることに興味はありません。しかし、私は多くの人と同様に『猿の惑星』に影響を受けました。私は[[リブート (作品展開)|リ・イマジネーション]]することに興味を抱きました」と述べた<ref name="Zan">Hughes, p.44-46</ref>。翌3月には[[リチャード・D・ザナック]]が製作に加わった<ref>{{cite news|author=Paul F. Duke |url=httphttps://www.variety.com/article2000/film/news/zanuck-swings-back-to-apes-1117779695/VR1117779695 |title=Zanuck swings back to ''Apes'' |work=[[Variety (magazine)|Variety]] |date=2000-03-21 |accessdate=2008-09-30}}</ref>。バートンはブロイルス・ジュニアに新しい脚本を書くように指示し、製作費は200万ドルを想定したが、20世紀フォックスは100万ドルを提示した<ref name="Zan" /><ref name="Gems">{{cite news|author=Richard Natale|url=httphttps://articleswww.latimes.com/2001archives/la-xpm-2001-may/-06/entertainment/-ca-59780-story.html|date=2001-05-06|title=Remaking, Not Aping, An Original|publisher=[[Los Angeles Times]]|accessdate=2008-09-29}}</ref>。2000年8月には{{仮リンク|ローレンス・コナー|en|Lawrence Konner}}と{{仮リンク|マーク・ローゼンタール|en|Mark Rosenthal}}が脚本に加わった<ref name="Bro">{{cite book|author=Mark Salisbury, [[Tim Burton]] |title=Burton on Burton |publisher=[[Faber and Faber]] |year=2006 |location=[[London]] |pages=187–190 |isbn=0-571-22926-3}}</ref>。ブロイルス・ジュニアはコナー、ローゼンタールと共に脚本の練り直しを行った<ref name="ape">Salisbury, Burton, p.191-202</ref>。元々の脚本では、[[ヘレナ・ボナム=カーター]]の演じるアリは王女だったが、元老院議員の娘に変更された<ref>[[Helena Bonham Carter]], [[Colleen Atwood]], ''Ape Couture'', 2001, [[20th Century Fox]]</ref>。
 
撮影は2000年10月に開始する予定だったが、予定が遅れて11月16日から開始され、2001年4月に終了した<ref>{{cite news|author=Tim Ryan |title=Big Isle Lava Could Lure Film ''Visitor'' |work=[[Honolulu Star-Bulletin]] |date=2000-08-14 |accessdate=2008-10-03}}</ref><ref name="Gems" />。撮影場所には第1作の撮影が行われた[[パウエル湖]]でも行われた他、{{仮リンク|リッジクレスト|en|Ridgecrest, California}}、[[ハワイ]]、[[カルバーシティ]]のスタジオで撮影された。台本には秘密保持のため、結末が書かれていなかった<ref name="Bro" /><ref>{{cite news|author=KJB |url=httphttps://movieswww.ign.com/articles/0342000/034351p1.html06/07/the-island-of-the-apes |title=The Island of the Apes |work=[[IGN]] |date=2000-06-07 |accessdate=2008-10-02}}</ref>。20世紀フォックスは猿の顔をCG合成することを提案したが、バートンはベイカーの特殊メイクを使用することを主張した<ref name="Gems" />。また、第1作に出演したヘストンと[[リンダ・ハリソン]]が[[カメオ出演]]している。
 
== 脚注 ==
 
== 外部リンク ==
* [httphttps://www.foxjapan20thcenturystudios.com/movies/planetoftheapes/planet-of-the-apes PLANETPlanet OFof THEthe APES/猿の惑星Apes (2001)] - [[20世紀フォックタジオ]]による公式ウェブサイト{{ja icon}}
* [http://www.foxjapan.com/dvdplanet-video/planetoftheapes/of-the-apes-2001 PLANET OF THE APES/APES/猿の惑星] - 20世紀フォックスによる[[DVD]]の公式ウェブサイト{{ja icon}}
* {{Allcinema title|161821|PLANET OF THE APES/猿の惑星}}
* {{Kinejun title|32524|PLANET OF THE APES/猿の惑星}}
匿名利用者