「スカイマーシャル」の版間の差分

20041027 tatsu(会話)による ID:81212197 の版へ差し戻し (ポップアップ使用)
タグ: 差し戻し済み
(20041027 tatsu(会話)による ID:81212197 の版へ差し戻し (ポップアップ使用))
タグ: 手動差し戻し
[[日本]]でのスカイマーシャルは、[[2002年]]の[[2002 FIFAワールドカップ|日韓サッカーワールドカップ]]開催時に、航空機テロ予防・[[フーリガン]]騒乱時の対策として、大会期間中の日韓便および試合開催地への国内便に、武装私服[[警察官|警官]]が警乗したのが始まりである。このときは臨時的な対応であり、ワールドカップの無事の閉幕とともにスカイマーシャルは終了している。
 
2004年12月には[[国土交通省]]・[[警察庁]]からスカイマーシャル制度の実施が公表されている<ref>[http://www.npa.go.jp/hakusyo/h19/honbun/pdf/19p04000.pdf 平成19年警察白書] - 警察庁</ref>。<!--スカイマーシャル「組織」ってのは言葉としてややスワリが悪いが、単独もしくは少人数行動のスカイマーシャルに「部隊」「チーム」「グループ」もしっくり来ないので一応暫定的に-->
 
=== 編成 ===
スカイマーシャル組織のメンバー(航空機警乗警察官)は、[[機動隊]]員からの選抜を経て編成されているが、その任務の性質上、正確な人数は不明である。乗客を装って搭乗するが、すべてのアメリカ行き旅客機に搭乗できるほど人員は多くないとみられるため、便を選んで警乗しているものと思われる。
 
詳細は不明であるが、選抜・訓練にあたっては下記のようなものがなされていると言われる。
* 選抜には語学能力や身体能力が重視される。
* 主たる任務がハイジャック対策であるため、[[特殊急襲部隊|特殊部隊(SAT)]]のOBも含まれている。
* 入隊後は、航空機内における[[CQB|近接射撃]]、ならびに[[近接格闘術|格闘術]]の訓練を徹底して行う。
 
=== 装備 ===
形式は不明であるが、[[拳銃]]を装備しているとされる。2004年11月に[[警察庁長官]]が行った記者会見によると、スカイマーシャル組織のメンバーは「多数の乗客が搭乗した飛行中の旅客機内で射撃することを考慮し、特殊な銃弾を装備している」としており、航空機の機体を破損させない弾丸としては、フランジブル弾([[:en:frangible bullet]])<ref>銅や錫などの[[粉体]]を押し固めた弾丸。人体は貫通するが、機体の壁など硬い物質に当たると砕ける。[[弾丸#弾丸の種類]] </ref>のことを指していると思われる。
 
== 脚注 ==