「本田圭佑」の版間の差分

編集の要約なし
(誤字修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
| 監督チーム ={{Flagicon|CAM}} [[サッカーカンボジア代表|カンボジア]]
}}
'''本田圭佑'''(ほんだ けいすけ、[[1986年]](昭和61年)[[6月13日]] - )は、[[大阪府]][[摂津市]]出身。[[無職]]。元日本代表時代に。前プロサッカー選手。かつて、ポジションはミッドフィールダーとフォワードを務めた。日本人初(アジア)・オランダ・ロシア・イタリア(ヨーロッパ)・[[リーガMX|メキシコ]](北中米)・[[Aリーグ|オーストラリア]](オセアニア)・[[カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA|ブラジル]](南米)の5大陸のプロリーグでプレーし、ゴールを決めたこがあW杯。[[ワールドカップ競技場駅 (大田広域市)|ワールドカップ]]3大会連続ゴールを決め(日本人のW杯最年長得点者)、アジア人のW杯最多得点者となり、アジア人初となるW杯3大会連続アシストも達成。[[ルディ・フェラー]]、[[デイビッド・ベッカム]]らに続くW杯3大会連続となる得点とアシストの両方を記録した史上6人目の選手となった<ref name=":1" /><ref name=":2" />。[[国際サッカー連盟|FIFA]]選出のW杯の「マン・オブ・ザ・マッチ」数において日本人最多の「4回」受賞し、[[ミロスラフ・クローゼ]]、[[エデン・アザール]]、[[ハメス・ロドリゲス]]らと並び受賞総数5位である<ref>[[FIFAワールドカップにおける賞|W杯でのMOM受賞総数]]</ref>。
'''本田圭佑'''(ほんだ けいすけ、[[1986年]](昭和61年)[[6月13日]] - )は、[[大阪府]][[摂津市]]出身の[[プロサッカー選手]]。[[サッカーのポジション|ポジション]]は[[ミッドフィールダー]]・[[フォワード (サッカー)|フォワード]]。元[[サッカー日本代表|日本代表]]。[[監督|サッカー指導者]]、サッカークラブ[[経営者]]、[[実業家]]。[[サッカーカンボジア代表|カンボジア代表]][[ゼネラルマネージャー|GM]]・監督。
 
[[J1リーグ|日本]](アジア)・[[エールディヴィジ|オランダ]]・[[ロシアサッカー・プレミアリーグ|ロシア]]・[[セリエA (サッカー)|イタリア]](ヨーロッパ)・[[リーガMX|メキシコ]](北中米)・[[Aリーグ|オーストラリア]](オセアニア)・[[カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA|ブラジル]](南米)の5大陸のプロリーグでプレーし、ゴールを決めた。
 
日本代表時代には日本人初となるW杯3大会連続ゴールを決め(日本人のW杯最年長得点者)、アジア人のW杯最多得点者となり、アジア人初となるW杯3大会連続アシストも達成。[[ルディ・フェラー]]、[[デイビッド・ベッカム]]らに続くW杯3大会連続となる得点とアシストの両方を記録した史上6人目の選手となった<ref name=":1" /><ref name=":2" />。[[国際サッカー連盟|FIFA]]選出のW杯の「マン・オブ・ザ・マッチ」数において日本人最多の「4回」受賞し、[[ミロスラフ・クローゼ]]、[[エデン・アザール]]、[[ハメス・ロドリゲス]]らと並び受賞総数5位である<ref>[[FIFAワールドカップにおける賞|W杯でのMOM受賞総数]]</ref>。
 
2020年にイギリスメディア『90min』選定の「21世紀の日本代表ベストイレブン」に選出<ref name=":3" />、ドイツメディア『SPOX』選定の「アジア歴代ベストイレブン」に選出<ref name=":4" />、『アジアサッカー連盟(AFC)』『Opta』選定の「W杯アジアベストイレブン」に選出された<ref name=":5" />。
 
現役選手ながら選手以外の活動も精力的に行い、2012年には自身がプロデュースするサッカースクール「SOLTILO FAMILIA」を日本全国で開校<ref name="SOLTILO1022" />。2015年からは複数のプロサッカークラブの実質的なオーナーを務め<ref name=":0" />、2018年には[[サッカーカンボジア代表|カンボジア代表]][[ゼネラルマネージャー|GM]]・監督に就任した。
 
== 経歴 ==