「張載」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[鳳翔府]][[眉県|郿県]]横渠の出身。[[嘉祐]]2年([[1057年]])に38歳で[[進士]]に合格して、[[祁州]]・[[鄜州]]・[[渭州]]などの地方官を歴任し、熙寧2年([[1069年]])の冬に朝廷に召されたが、[[王安石]]の新法に反対し、翌年病気を理由に帰郷、読書と思索に没頭した。熙寧10年([[1077年]])にも朝廷に召されたが志を得ず、その年の冬に辞職し、帰郷の途次に亡くなった。
 
「天地のために心を立て、生民のために道を立て、去聖のために絶学を継ぎ、万世のために太平を開く」という語で察せられるように、豪傑の性質を持つ。若い頃は兵法を好み、政治に情熱を燃やしたが、[[范仲淹]]に諭され『[[中庸]]』を授けられたのをきっかけに儒者に転じた。仏教・老荘の教えに一時心酔したが、嘉祐元年([[1056年]])に国都[[開封府|開封]]で甥にあたる程氏兄弟([[程顥]]・[[程頤]])と出会い、儒者としての自信を確立したという。それまで虎の皮に座って『[[易経|易]]』の講義をしていたのが、[[二程]]の『易』論を聴いて感服し、潔く虎皮を撤去して、門人たちを二程に師事させたという逸話がある。
 
== 思想 ==
 
== 評価 ==
1960年代の中国においては、哲学史上、宋学を[[唯物論]]・客観[[唯心論]]・主観唯心論に分類していた。そして、朱子学にあたる客観唯心論や、陽明学にあたる主観唯心論に対して、張載の創始した唯物論が高く評価される傾向にあった。ナショナリズムや中華人民共和国のイデオロギーを背景に、張載とその影響を受けた[[王夫之]]は哲学史上の最重要人物として扱われることとなったのである<ref name="shimada">島田1967年、pp.162-164</ref>。
 
もっとも、[[島田虔次]]は、哲学史の実態に即して考えれば、やはり客観唯心論と主観唯心論の対立こそが宋学の中心であり、唯物論の系譜は相対的な重要性は低いと述べている<ref name="shimada"></ref>。
匿名利用者