「マティアス・クロッツ」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎参考文献: 仮リンク化しました)
[[File:Inschrift Matthias Klotz Denkmal.jpg|thumb|記念碑の碑文]]
[[File:DBP 1993 1688 Matthias Klotz.jpg|thumb|ヴァイオリンの{{illm|スクロール (音楽)|en|Scroll (music)|label=スクロール}}製作を順を追って示す、ドイツの記念切手]]
'''マティアス・クロッツ'''(Matthias Klotz, 別表記:Mathias Cloz, Khloz, Khlotz; [[1653年]][[6月11日]]、[[オーバーバイエルン]]、[[ミッテンヴァルト]]にて[[受洗]] [[1743年]][[8月16日]] 同地にて没)は[[ヴァイオリン製作家]]である。[[ドイツ]]、[[バイエルン州]]ミッテンヴァルトでのヴァイオリン製作の礎を築いた人物である
 
== 生涯 ==
ミッテンヴァルトには今日ではヴァイオリン製作の学校、また博物館({{illm|ミッテンヴァルト・ヴァイオリン製作博物館|de|Geigenbaumuseum Mittenwald}})が置かれているが、なによりもヴァイオリン製作家の自営[[マイスター]]が数多く根を下ろしている。聖ペテロ・パウロ教区教会(Pfarrkirche St. Peter und Paul)の前には、マティアス・クロッツを称える記念碑が置かれている。
 
注記:Hugh Reginald Haweis(1838年-1911年)著『Dictionary of Violin and Bow Makers』には、マティアス・クロッツの子孫について、生没年や戚関係の点で複数の誤情報が含まれている。
 
== 参考文献 ==