「ブレーカー・ボーイ」の版間の差分

雑草取り (<ref>の終端)
m (Category:翻訳直後を追加 (HotCat使用)。まだまだ不自然。)
(雑草取り (<ref>の終端))
[[File:Pennsylvania breaker boys 1911.jpg|thumb|ブレーカー・ボーイ ペンシルヴェニア州ピッツトン(Pittston)南部近くの無煙炭砕炭場で石炭を分類する 1911年]]
 
ブレーカー・ボーイ使用に対する公衆の非難はあまりに広くひろがったので、1885年に[[ペンシルベニア州|ペンシルヴェニア]]は、砕炭場での12歳未満の雇用を禁止する法律を制定した<ref name="Derickson"/><ref name="Pencak"/>。しかし法律は施行力は弱かった。多くの雇用者は、年齢証明の文書を偽造し、そして多くの家庭は、子供らが家庭を支えることができるように出生証明書その他の文書を偽造した<ref name="Derickson"/><ref name="Pencak"/>。ペンシルヴェニアの無煙炭田で働くブレーカー・ボーイの人数の概算は大きく異なり、そして公式統計は、歴史家によって人数は実際よりかなり小さいと一般に見なされている<ref name="Derickson"/>或る概算では1880年に州内で働くブレーカー・ボーイは20000人<ref name="Derickson"/>、1900年に18000人<ref name="Black"/>、1902年に13133人<ref name="Derickson"/>、そして1907年に24000人である<ref name="Picker"/><ref name="Picker">"Install Mechanical Slate Pickers." ''Technical World Magazine.'' September 1906-February 1907.</ref>。1890年代と1900年代の技術革新(たとえば石炭から不純物を取り除くように設計された機械仕掛けの、そして水力の選鉱機)は、ブレーカー・ボーイの必要を劇的に引き下げた<ref name="Picker"/><ref>[https://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=980CEEDE103AE533A25755C0A9679C94649ED7CF&scp=46&sq=%22coal+breaker&st=p "A Great and Efficient Coal Breaker."] ''New York Times.'' January 6, 1895.</ref>。しかし新技術の採用は、ゆっくりであった<ref name="Derickson"/>。
 
1910年代までに、ブレーカー・ボーイの使用は、技術の進歩、より厳しい児童労働法、そして義務教育法の制定のために減じつつあった<ref name="Hindman"/><ref name="Batchelor"/>。砕炭場での児童の雇用の慣行は、1920年までに、全国児童労働委員会(National Child Labor Committee)の努力、社会学者で写真家の[[ルイス・ハイン]]、そして全国消費者連盟(National Consumers League)のために、大部分は終わったが、それらすべては、慣行について公衆を教育し、そして全国的な児童労働法の通過を獲得することに成功した<ref name="Hindman"/><ref name="Freedman"/><ref>Cohen, David and Wels, Susan. ''America Then & Now: Great Old Photographs of America's Life and Times, and How Those Same Scenes Look Today.'' New York: HarperCollins, 1992. {{ISBN|0-06-250176-3}}</ref>。