「木下俊也」の版間の差分

| caption =
| birth_name =
| birth_date = [[1955年]][[10月]]
| birth_place = {{Flagicon|JPN}} [[三重県]][[津市]]
| death_date =
| signature =
}}
'''木下 俊也'''(きのした しゅんや、[[1955年]][[10月]] - )は、[[日本]]の[[薬剤師]]、[[臨床検査技師]]。[[学位]]は[[博士(薬学)]]([[静岡県立大学]]・[[1992年]])。一般社団法人静岡市薬剤師会[[事務局]][[局長]]、静岡県立大学[[薬学部]][[客員教授]]
 
[[津村順天堂|株式会社津村順天堂]]静岡工場、株式会社津村順天堂[[研究所]]、[[ツムラ|株式会社ツムラ]]本社での勤務を経て、[[日本大衆薬工業協会]]生薬製品委員会[[委員長]]、[[日本OTC医薬品協会]]生薬製品委員会委員長、わかくさ調剤薬局薬剤師などを歴任した。
 
== 概要 ==
[[三重県]]出身の[[薬剤師]]、[[臨床検査技師]]である<ref name="kinoshitaShunya">「木下俊也」『[https://kinoshita-s.biz/profile/ プロフィール - 笑顔で挨拶 木下しゅんや]』木下しゅんや後援会事務所。</ref><ref name="shikaku">「資格」『[https://kinoshita-s.biz/profile/ プロフィール - 笑顔で挨拶 木下しゅんや]』木下しゅんや後援会事務所。</ref>。[[静岡薬科大学]]、[[静岡県立大学]]にて学び<ref name="gakureki">「学歴」『[https://kinoshita-s.biz/profile/ プロフィール - 笑顔で挨拶 木下しゅんや]』木下しゅんや後援会事務所。</ref>、[[津村順天堂]]、および、[[ツムラ]]に勤務した<ref name="shokumureki">「職務歴」『[https://kinoshita-s.biz/profile/ プロフィール - 笑顔で挨拶 木下しゅんや]』木下しゅんや後援会事務所。</ref>。また、[[業界団体]]である[[日本大衆薬工業協会]]、および、[[日本OTC医薬品協会]]においては、生薬製品委員会の[[委員長]]といった役職も兼任していた<ref name="seiyakuKigyoDantaiDenoKatsudoreki">「製薬企業団体での活動歴」『[https://kinoshita-s.biz/profile/ プロフィール - 笑顔で挨拶 木下しゅんや]』木下しゅんや後援会事務所。</ref>。ツムラ退職後は、わかくさ調剤薬局を経て<ref name="kinoshitaShunya"/>、静岡市薬剤師会の[[事務局]]に勤務し<ref name="genzai">「現在」『[https://kinoshita-s.biz/profile/ プロフィール - 笑顔で挨拶 木下しゅんや]』木下しゅんや後援会事務所。</ref>、その[[局長]]に就任した<ref name="genzai"/>。後進の育成にも努めており、母校である静岡県立大学にて教鞭を執った<ref name="genzai"/>。
 
== 来歴 ==
=== 生い立ち ===
[[1955年]]([[昭和]]30年)[[10)10]]、[[三重県]][[津市]]にて生まれ<ref name="kinoshitaShunya"/>、三重県[[上野市]]にて育った<ref name="kinoshitaShunya"/><ref group="†">[[三重県]][[上野市]]は、[[阿山郡]][[伊賀町]]、阿山郡[[島ヶ原村]]、阿山郡[[阿山町]]、阿山郡[[大山田村 (三重県)|大山田村]]、[[名賀郡]][[青山町]]と新設合併し、[[2004年]]に[[伊賀市]]が設置された。</ref>。そのため、木下自身は「三重県津市生まれの[[伊賀上野藩|伊賀上野]]育ち」<ref name="kinoshitaShunya"/>と述べている。[[父]]は[[警察官]]であり<ref name="kinoshitaShunya"/>、仕事の都合で転居が多かった<ref name="kinoshitaShunya"/>。そのため[[小学校]]は4回転校しており<ref name="kinoshitaShunya"/>、最後は津市により[[学校の設置者|設置]]・運営される津立上野小学校で[[卒業]]を迎えた<ref name="kinoshitaShunya"/>。その後、津市により設置・運営される[[津市立朝陽中学校]]を経て<ref name="kinoshitaShunya"/>、三重県により設置・運営される[[三重県立津高等学校]]に進学した<ref name="kinoshitaShunya"/>。さらに、[[静岡県]]により設置・運営される[[静岡薬科大学]]に進学し<ref name="kinoshitaShunya"/><ref group="†">[[静岡薬科大学]]は、[[静岡女子大学]]、[[静岡女子短期大学]]と統合され、[[1987年]]に[[静岡県立大学]]が設置された。</ref>、[[薬学部]]にて学んだ。[[1978年]](昭和53年)[[3)3]]、静岡薬科大学を卒業した<ref name="gakureki"/>。それに伴い、[[薬学士]]の[[称号]]を取得した<ref group="†">[[薬学士]]の[[称号]]は、[[1991年]][[7月1日]]以降の[[学士(薬学)]]の[[学位]]に相当する。</ref>。さらに静岡薬科大学の[[大学院]]に進学し<ref name="gakureki"/>、[[薬学研究科]]にて学んだ。[[1980年]](昭和55年)[[3)3]]、静岡薬科大学の大学院における[[修士課程]]を修了した<ref name="gakureki"/>。それに伴い、[[薬学修士]]の[[学位]]を取得した<ref group="†">[[薬学修士]]の[[学位]]は、[[1991年]][[7月1日]]以降の[[修士(薬学)]]の学位に相当する。</ref>。なお、[[薬剤師国家試験]]に合格し[[薬剤師]]の[[資格]]を取得するとともに<ref name="shikaku"/>、[[臨床検査技師国家試験]]にも合格しており[[臨床検査技師]]の資格も所持している<ref name="shikaku"/>。
 
=== 薬剤師として ===
大学院修了後の1980年(昭和55年)に[[津村順天堂]]に入社し<ref name="shokumureki"/><ref group="†">[[津村順天堂|株式会社津村順天堂]]は、[[1988年]]に[[ツムラ|株式会社ツムラ]]に改組された。</ref>、静岡工場に勤務した<ref name="shokumureki"/>。翌年、[[研究所]]に異動し品質研究部門に配属された<ref name="shokumureki"/>。[[1986年]](昭和61年)、本社に異動し新薬開発部門に配属された<ref name="shokumureki"/>。[[1988年]](昭和63年)に津村順天堂は[[ツムラ]]に改組されたが、その後も引き続き勤務した。その傍ら、静岡県により設置・運営される[[静岡県立大学]]の大学院に進学し<ref name="gakureki"/><ref group="†">[[静岡県立大学]]は、[[2007年]]に[[静岡県]]から[[静岡県公立大学法人]]に移管された。</ref>、薬学研究科にて学んだ<ref name="gakureki"/>。[[大学院生]]として在学中に「サメ胆汁アルコールに関する研究――化学構造の決定とその生物活性について」<ref name="cinii">「書誌事項」『[https://ci.nii.ac.jp/naid/500000102709/ CiNii 博士論文 - サメ胆汁アルコールに関する研究 : 化学構造の決定とその生物活性について]』[[国立情報学研究所]]。</ref>と題した[[博士論文]]を執筆した。[[1992年]](平成4年)[[3)3]]、静岡県立大学の大学院における[[博士課程]]を修了した<ref name="gakureki"/>。それに伴い、同年[[3月24日]]付で[[博士(薬学)]]の学位を取得した<ref name="cinii"/><ref>学位授与番号甲第10号。</ref>。
 
[[1993年]]([[平成]]5年)、ツムラの本社にて学術部門に配属された<ref name="shokumureki"/>。翌年には本社の薬事部門に配属された<ref name="shokumureki"/>。[[2008年]](平成20年)、本社の信頼性保証部門に配属された<ref name="shokumureki"/>。また、その傍ら、[[2003年]](平成15年)より、[[一般用医薬品]]に関する[[業界団体]]である[[日本大衆薬工業協会]]にて生薬製品委員会の[[委員長]]を兼任していた<ref name="seiyakuKigyoDantaiDenoKatsudoreki"/><ref group="†">[[日本大衆薬工業協会]]は、[[2008年]]に[[日本OTC医薬品協会]]に改組された。</ref>。その後、日本大衆薬工業協会は[[日本OTC医薬品協会]]に改組されたが、引き続き生薬製品委員会の委員長を[[2009年]](平成21年)まで兼任した<ref name="seiyakuKigyoDantaiDenoKatsudoreki"/>。
 
津村順天堂、および、ツムラでの勤務は38年間に及んだ<ref name="kinoshitaShunya"/>。ツムラを退職すると、わかくさ調剤薬局に半年ほど勤務した<ref name="kinoshitaShunya"/>。[[2019年]](平成31年)[[4)4]]、[[一般社団法人]]である静岡市薬剤師会の[[事務局]]にて[[局長]]に就任した<ref name="genzai"/>。また、母校である静岡県立大学においては、同年4月より薬学部の[[客員教授]]を兼任した<ref name="genzai"/>。薬学部においては、[[講師]]の[[南彰]]らとともに<ref name="kyoinIchiran">「教員一覧」『[https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/index.php/faculty/ 教員一覧]』[[静岡県立大学|静岡県立大学薬学部・薬学研究院]]。</ref>、薬学キャリアデザイン近藤寄附講座を受け持った<ref name="genzai"/><ref name="kyoinIchiran"/>。
 
== 略歴 ==
* [[1993年]] - ツムラ本社学術部門配属<ref name="shokumureki"/>。
* [[1994年]] - ツムラ本社薬事部門配属<ref name="shokumureki"/>。
* [[2003年]] - [[日本大衆薬工業協会]]生薬製品委員会[[委員長]]<ref name="seiyakuKigyoDantaiDenoKatsudoreki"/>。
* [[2008年]] - ツムラ本社信頼性保証部門配属<ref name="shokumureki"/>。
* 2008年 - [[日本OTC医薬品協会]]生薬製品委員会委員長<ref name="seiyakuKigyoDantaiDenoKatsudoreki"/>。
* [[2019年]] - 静岡市薬剤師会[[事務局]][[局長]]<ref name="genzai"/>。
* 2019年 - 静岡県立大学薬学部[[客員教授]]<ref name="genzai"/>。
 
== 著作 ==
匿名利用者