「上ノ山城」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
| location =
}}
'''上ノ山城'''(うえのやまじょう)は、[[長野県]][[安曇野市]]豊科田沢にあった[[日本の城]]([[山城]])である。標高768メートルにある。安曇野市指定史跡。別名は'''殿山城'''。[[光城]]の[[支城]]である
 
== 概要 ==
[[光城]]の[[支城]]で、光城から田沢川(大沢口)を隔てて南方に対峙する。築城年代は不明。殿山城ともいわれ、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]に上ノ山の尾根道を抑えるために築かれた[[城]]である。全長45メートルの小規模な城であるが、3つの[[郭]]と[[土塁]]、石積みなど当時の形状をよく伝えている。また、南側に堀割の跡と考えられる窪地、西側に縦堀と考えられる溝も残っている。[[塩尻峠の戦い]]で[[武田信玄|武田晴信]]により光城が落城した[[1553年]]([[天文 (元号)|天文]]22年)に、[[刈谷原城]]などとともに攻め落とされたものと思われる。歴代城主は[[花村氏]]。
 
== 参考文献 ==
匿名利用者