「金大中」の版間の差分

m
===政界入り===
[[File:金大中初当選記事.png|thumb|初当選時の新聞記事(1961年5月15日 東亜日報)]]
[[1924年]][[1月6日]](自伝による。戸籍上の出生日は[[1925年]][[12月3日]]となっている)、[[全羅南道 (日本統治時代)|全羅南道]]の荷衣島(現在の[[全羅南道]][[新安郡]]{{仮リンク|荷衣面|ko|하의면}})に生まれるが、本貫はこの地域と対立していた[[慶尚道]]の[[金海市|金海]]である。荷衣島の現在の{{仮リンク|荷衣小学校|ko|하의초등학교}}に通っていたが、[[1936年]]秋に家族とともに[[木浦市|木浦府(現、木浦市)]]に転居し、{{仮リンク|木浦第一普通学校(現、木浦北橋小学校)|ko|목포북교초등학교}}に転校。[[1939年]]に{{仮リンク|木浦公立商業学校(現、木商高校)|ko|목상고등학교}}に入学、[[1943年]]に卒業。[[1970年]]に[[慶煕大学校|慶煕大学]]大学院経済学科2年課程修了。
 
木浦商業学校卒業後、海運会社経営を経て、[[1954年]]の[[第3代総選挙 (大韓民国)|総選挙]]で国会議員に初挑戦するも落選。[[張勉]]に引き立てられ、[[民主党 (韓国 1955-1965)|民主党]]スポークスマンを務める。以降も、当時の[[李承晩]]大統領の政策に反対する姿勢で活動したが、[[1959年]]、[[1960年]]と立て続けに落選を経験した。[[1961年]]に補欠選挙で国会議員に初当選したが、[[朴正煕]]による[[5・16軍事クーデター|軍事クーデター]]により無効となった。