「足助町 (豊田市)」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
[[File:Yoshimoto Nijo.jpg|thumb|二条良基の肖像画]]
平安時代末期([[治承]]年間の頃とされる<ref name="足助町誌168">『足助町誌』:168ページ</ref>)、高橋新庄の荘官として赴任した[[尾張国]]の山田重長が{{#tag:ref|重長が高橋新庄全体の荘司として赴任したのか、足助を含む一部地域を支配するための一荘官として赴任したのかははっきりしていない<ref name="足助町誌168"/>。|group="注"}}現在の[[近岡町]]の山稜に居城[[黍生城|黍生(きびゅう)城]]を築き、ここに移り住む。山田重長は[[足助重長|賀茂六郎足助重長]]と称し、[[足助氏]]の祖となる人物である。2代目惣領[[足助重秀]]は黍生城から[[飯盛山城 (三河国)|飯盛山城]]に移り、以降足助氏は8代目惣領[[足助重政]]が[[1343年]]([[興国]]4年・[[康永]]2年)頃に退去するまで飯盛山城を居城とする<ref name="平凡23足助"/>。'''足助七屋敷(足助七城)'''{{#tag:ref|本城は飯盛山城、支城は真弓山城、大観音城、城山城、成瀬城、黍生城、臼木ケ峰城とされる。本城には惣領が住まい、6支城には「家の子」と呼ばれる一族の人間が居住したとされる<ref>『足助町誌』:199ページ</ref>。|group="注"}}と呼ばれる複数の城砦に足助氏一族が配され、足助郷は約1半世紀近く足助氏の支配下に置かれたが、[[1333年]]([[元弘]]3年)には足助又三郎から吉河殿への荘官の交代、[[1337年]]([[延元]]2年・[[建武 (日本)|建武]]4年)当時の荘官は源基連であったとする史料が残されており、[[1332年]](元弘2年)の7代目惣領[[足助重範|足助次郎重範]]の死後、一族が次第に足助郷から各地へと離散し始めることからも、この頃には足助氏の支配力に翳りが見えていたと考えられる<ref name="角川23足助"/>。やがて8代目惣領重政が退去した飯盛山城は、そのまま廃城となったと思われる。ただし、「熊野那智大社文書」により[[1357年]]([[正平 (日本)|正平]]12年)の時点で足助氏が足助に在留していたことは間違いないとされ<ref>『足助町誌』:208ページ</ref>、飯盛山城が廃城となった後も足助氏が在地に一定の勢力を保っていた形跡はあり、足助重胤、足助淳重、奉公衆2番衆足助氏などの名も残っている<ref name="角川23足助"/>。
 
ところで[[1331年]](元弘元年)、[[元弘の乱]]のあおりを受けた[[後醍醐天皇]]の第3皇子[[平勝親王]]が、当時まだ13歳であった[[権中納言]][[二条良基]]を伴って[[京都|京]]を出奔し、足助郷の上平(かみだいら)村まで流落したとされる。代々[[尊皇]]の念が強い足助氏{{#tag:ref|[[承久の乱]]では2代目惣領重秀の子[[足助重成|重成]]が京方につき戦死したと言われ、また近族の山田重忠も京方について奮戦したとされる<ref>『足助町誌』:200ページ</ref>。[[正中の変]]の際には、倒幕を目指す武士らが会合をもった「無礼講」に[[足助貞親|足助重成]]あるいは重範も参加し、また京方が幕府打倒を意図する関東調伏の祈祷を行った際も、足助重成あるいは重範はその警備を行っている<ref>『足助町誌』:201ページ</ref>。|group="注"}}の決起を促すためだったとも推測され、果たして翌年には7代目惣領足助重範が足助衆を引き連れて上京、[[笠置山の戦い]]にて奮戦するも捕らえられ、[[倒幕]]に与した咎で非業の最期を遂げることになる。上平村に逗留していた平勝親王は、夢告を得て綾渡(現綾渡町)の壇独山大悲密院に参籠した後に<ref>『日本歴史地名大系』23:919ページ</ref>討幕運動の持続を決意、帰京する。他方の二条良基も程なくして帰京した後に[[建武政権]]下で中央政治に復帰することになるが、足助での短い逗留期間中には、侍女として仕えていた足助重範の娘[[二条滝野|滝野]]との間に三吉丸という男児をもうけている。この男児は長じて[[成瀬基久]]を名乗り、[[成瀬氏]](三河成瀬氏)の祖となる人物である。なお、平勝親王や二条良基が逗留した上平村は後に中之御所村に改名するが、その由来として、二条良基の子(成瀬基久?)が中之御所殿を称してこの地に住まったためだとか、この地にあった[[尹良親王]]の御殿が中之御所を称したためだとか言われている<ref name="平凡23中之御所">『日本歴史地名大系』23:907-908ページ</ref>。
 
=== 鈴木氏の支配 ===
[[16世紀]]には、足助氏も没落したと思われ、矢並(現[[矢並町]])に拠っていた[[三河鈴木氏]]の足助郷への進出がすでに始まっていた。[[15世紀]]後半頃の人といわれる[[鈴木忠親|鈴木小次郎忠親]]が真弓山城に入城し、その後[[鈴木重政 (足助鈴木氏)|重政]]、[[鈴木重直|越後守重直]]、[[鈴木信重|信重]]、[[鈴木康重|康重]]の5代にわたる[[三河鈴木氏|足助鈴木氏]]がこの地に威をふるうことになる。足助鈴木氏は'''足助七城'''{{#tag:ref|本城は真弓山城、支城は浅谷(あざかい)城(現[[山谷町]])、安代(あじろ)城(現[[富岡町 (豊田市)|富岡町]])、阿摺(あすり)城(現[[御蔵町]])、八桑(やくわ)城(現[[新盛町]])、田代(たしろ)城(現[[下山田代町]])、大沼城(現[[大沼町 (豊田市)|大沼町]])とされる。|group="注"}}と呼ばれる城砦を築きその支配域を強固に守ろうとしたが<ref name="平凡23真弓山城跡">『日本歴史地名大系』23:911ページ</ref>、[[1525年]]([[大永]]5年)には[[松平清康]]率いる二千余騎の軍勢を前に2代目惣領重政が屈膝、[[嫡子]]越後守重直と清康の姉妹である[[随念院|]]との婚約を条件に、[[松平氏]]の麾下に入る。しかしおよそ10年後の[[1535年]]([[天文 (元号)|天文]]4年)に[[森山崩れ]]と呼ばれる不慮の事態によって清康がみまかり、足助鈴木氏は松平氏から離反、越後守重直室となっていた久を[[岡崎市|岡崎]]に送り返し、独立を回復する。ところが[[1554年]](天文23年)、[[岡崎城]]を抑えていた[[今川氏]]家臣[[馬場幸家]]らが来攻、3代目惣領越後守重直は嫡子信重を[[人質]]に差し出すことで今度は今川氏の武威に下った<ref name="平凡23真弓山城跡"/>。[[1560年]]([[永禄]]3年)の[[桶狭間の戦い]]において[[今川義元]]が敗死、これを機に独立傾向を強めた松平元康(のちの[[徳川家康]])は祖父清康の果たした三河統一を再び果たすべく動きだし、[[1564年]](永禄7年)には真弓山城を攻略、足助鈴木氏は再び松平氏の麾下に組み込まれた。[[1571年]]([[元亀]]2年)には[[武田信玄]]による侵攻を受け、真弓山城をはじめ周辺の諸城がすべて落城の憂き目に遭う。このとき越後守重直は徳川家康の元に落ち延びたといわれ、城主を失った真弓山城には武田氏配下にあった[[下伊那郡]]の[[下条信氏]]が城代として在番<ref name="平凡23真弓山城跡"/>、約2年後の[[1573年]]([[天正]]元年)に[[松平信康]]によって城が奪取されるまで、足助郷は完全に武田氏の支配下にあった。武田勢が駆逐された真弓山城は旧城主の越後守重直に与えられ、足助郷も足助鈴木氏の領地として回復する。その後、4代目惣領信重は[[1581年]](天正9年)に生じた[[高天神城の戦い#第二次高天神城の戦い|第二次高天神城の戦い]]において同族の[[小原城]]城主[[鈴木重愛|鈴木(鱸)重愛]]と共に奮戦し、松平勢の挙げた全首級の2割近くを献じるなど、松平氏への忠節を大いに尽くした。[[1590年]](天正18年)、5代目惣領康重が徳川家康に従い[[関東]]に[[転封]]となったことで、真弓山城は廃城となったという<ref name="平凡23真弓山城跡"/>。
 
=== 江戸時代 ===
* 成瀬古墓- 中世時代<ref name="豊田市埋蔵文化財"/>
* 装束塚- 中世時代<ref name="豊田市埋蔵文化財"/>
::足助郷に流落していた二条良基との間に男児を儲けた滝野(足助氏7代目惣領足助重範の娘)であったが、良基が京に戻ってからも、形見の装束を抱きながら日夜良基を恋い慕い続けていた。[[1388年]](元中5年)に良基が亡くなったことを耳にした彼女は、装束を飯盛山山中に埋めて、塚にしたという。ここには宝篋印塔・五輪塔が残され、二条良基・足助重範・滝野・成瀬基久・[[成瀬基直]](基久の子)の墓とされている<ref name="現地案内板"/>。
* 鈴木五代の墓- 中世時代<ref name="豊田市埋蔵文化財"/>
::飯盛山中腹にあり、15-16世紀に足助郷を支配した鈴木忠親・重政・重直・信重・康重の墓とされる。