「偏差」の版間の差分

== 標準偏差 ==
{{main|標準偏差}}
データの[[標準偏差]]とは、元のデータの値たちを、平均値を変えず絶対偏差を一定値 {{mvar|s}} に取り直したとき(データの大きさが奇数のときは同じデータを併せて偶数にする)、2つのデータ偏差ベクトルの[[ユークリッドノルム]]が等しくなるような {{mvar|s}} のこと。データの偏差の[[自乗]]の平均の平方根(非負)に等しくなる。標準偏差は偏差の一部ではない。値が全て有理数でも標準偏差は平均偏差と違い無理数になることが多い。標準偏差は常に平均偏差以上になる。
 
== 無線工学 ==
匿名利用者