「プロ野球中継」の版間の差分

冒頭、テレビラジオに拠る中継と謳っておいてネット中継の記述もあるので、冒頭文追記しました。
(冒頭、テレビラジオに拠る中継と謳っておいてネット中継の記述もあるので、冒頭文追記しました。)
{{複数の問題|出典の明記=2014年1月}}
'''プロ野球中継'''(プロやきゅうちゅうけい)とは、[[プロ野球]]の試合を[[テレビ]]や[[ラジオ]]で[[中継放送]]する番組のことである。また、近年ではテレビ・ラジオに拠らない、スマホやタブレットにより視聴する動画配信による中継も増加しており、多様化している。
 
本項では、日本の一般社団法人[[日本野球機構]](NPB)による[[日本のプロ野球|プロ野球]]の試合中継について記述する。[[メジャーリーグベースボール]](MLB)の中継については[[メジャーリーグベースボール#テレビ放映権]]を参照。
2003年頃から、[[裏番組]]や[[プロ野球再編問題 (2004年)|球界再編問題]]の影響を受けて[[視聴率]]が伸び悩み、全国放送のレギュラー番組としては[[打ち切り]]レベルにまで低下してしまう。テコ入れのために野球とは無関係のゲスト<ref group="注釈">例として、[[番組宣伝]]を兼ねて放送日の週に始まる[[テレビドラマ]]の主演俳優が登場することがある。</ref>を呼び、却って視聴者から不満の声が上がることも多くなった。ナイター中継の視聴率低迷は全体の番組編成にも悪影響を及ぼすようになったため<ref group="注釈">具体的には、中継に伴うレギュラー番組の休止、中継延長に伴う後番組の放送開始遅延・休止がある。</ref>、テレビ中継は[[地上波]]から視聴率に影響されにくい[[衛星放送]]へ徐々に移行していき、地上波全国放送は開幕戦や週末・祝日デーゲーム、日本シリーズなど少数となり、レギュラーシーズンでは延長放送も行われなくなった <ref group="注釈">延長放送の無い地上波全国放送での中継は、何れも無料BS放送への[[プロ野球トップ&リレー中継|トップ&リレー]]を実施している。</ref>。
 
視聴率低迷の原因として、[[団塊ジュニア]]・[[ポスト団塊ジュニア]]をはじめとする若い世代は、[[サッカー]]などの野球以外のスポーツや[[バラエティ番組]]などに魅了された影響で、プロ野球中継の視聴習慣が身に付かないまま大人になったことにあると[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]の岡田謙吾プロデューサーは述べている<ref>{{cite news |title=ファン高齢化打開へ? 桑田&立浪コンビ、実現のワケ |publisher=ZAKZAK |newspaper=[[夕刊フジ]] |date=2010-05-06 |url=http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20100506/bbl1005061615005-n2.htm |accessdate=2011-02-15 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20100509100212/http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20100506/bbl1005061615005-n2.htm |archivedate=2010年5月9日 |deadurldate=2017年9月 }}</ref>。また、メディアアナリストの[[鈴木祐司]]は、野球中継は他のスポーツやバラエティ番組と異なり、全世代の女性視聴者から敬遠されていることを指摘している<ref>{{cite news |title=日本シリーズで巨人が2勝以上してはいけない“事情”~関東のプロ野球中継は見直しが必要!~ |publisher=鈴木祐司|date=2020-11-21 |url=https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20201121-00208983/ |accessdate=2020-11-22}}</ref><ref>{{cite news |title=巨人戦はオワコンか?~日本シリーズ視聴率一桁から見える現実~ |publisher=鈴木祐司|date=2019-10-27 |url=https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20191027-00148483/ |accessdate=2020-11-22}} </ref>。[[亀山千広]]フジテレビ社長(当時)は2015年10月23日の定例会見で「系列ネットワーク局にとって宝のコンテンツ」と理解を示す一方で「フジのことだけを考えれば野球中継は苦しい」と述べた<ref name=BLT>[https://archive.fo/20151029035539/http://mainichi.jp/select/news/20151028k0000e040199000c.html]</ref>。
 
[[2004年]]5月2日の対[[広島東洋カープ|広島]]戦が、視聴率20%を超えた「巨人の公式戦中継」最後の試合となっている<ref name="hochi0925"/>。2015年8月25日のヤクルト対巨人戦(フジテレビ系列で放送)では3.7%の低視聴率を記録し<ref>[http://biz-journal.jp/2015/10/post_11784.html 視聴率3%…巨人戦、テレビ局は「もう中継必要なし」 日テレ、天王山すら中継なしの異常事態] - 『Business Journal』2015年10月1日付</ref>、2010年代以降は日本シリーズやオールスター戦でも視聴率が低迷し<ref>[http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20151028/Cyzo_201510__2_2.html プロ野球「日本シリーズ」の視聴率低すぎ! さらに“ヤバい”サッカー中継も含め「2大巨頭」終焉か] - 『excite.ニュース』2015年10月28日付</ref><ref>{{Cite web|title=崩れた神話──なぜ日本シリーズの視聴率は低迷したのか|url=https://www.news-postseven.com/archives/20191024_1474316.html|website=NEWSポストセブン|accessdate=2019-10-26|language=ja}}</ref>、一桁をとることも珍しくなくなった。2014年の[[日米野球]]では、全て一桁を記録している<ref>[http://biz-journal.jp/2014/11/post_7503.html 日米野球、全試合視聴率1ケタで壊滅的…各局が放送“せざるを得ない”裏事情とは?] - 『Business Journal』2014年11月29日付</ref>。