「村田和哉 (サッカー選手)」の版間の差分

 
== 来歴 ==
[[滋賀県立野洲高等学校|野洲高校]]3年時に[[SDエイバル]]所属のでは[[乾貴士]]を中心に、[[田中雄大 (1988年生のサッカー選手)|田中雄大]]、[[荒堀謙次]]同学年。3年時[[第85回全国高等学校サッカー選手権大会|第85回全国高校サッカー選手権]]に出場。[[大阪体育大学]]2年時には[[橋本和]]、[[田所諒]]、[[松尾元太]]らと共に、第32回[[総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント|総理大臣杯]]で全国制覇を果たしている。
 
[[2011年]]に[[セレッソ大阪]]に入団<ref>{{Cite press release|url=https://www.cerezo.jp/news/2010-08-30/|title=大阪体育大学 村田 和哉選手加入内定のお知らせ|publisher=セレッソ大阪|date=2010-08-30|accessdate=2021-02-22}}</ref>。2年間でリーグ戦19試合に出場したが、[[2013年]]シーズン前の契約更新にあたり、海外を含めた他クラブへの移籍を希望して契約を更新せず、2013年3月31日にC大阪の退団を発表<ref>{{Cite press release|url=https://www.cerezo.jp/news/2013-03-31/|title=【再掲】村田和哉選手の契約についてのお知らせ《コメント追加》|publisher=セレッソ大阪|date=2013-03-31|accessdate=2021-02-22}}</ref>。
[[2011年]]にJリーグの[[セレッソ大阪]]に入団<ref>[http://www.cerezo.co.jp/news_detail.asp?c_idx=10004063&contents_code=100100&date_s=2010/08&iPage= 大阪体育大学 村田 和哉選手加入内定のお知らせ] </ref>。
 
[[2013年]][[4月10日]]、[[清水エスパルス]]へ加入<ref>{{Cite press release|url=http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/20659/|title=村田 和哉選手(前セレッソ大阪) 加入決定のお知らせ|publisher=清水エスパルス|date=2013-04-10|accessdate=2021-02-22}}</ref>。2014年は主にスーパーサブとして流れを変える切り札として重宝された。先発起用は一度もなく挙げた得点も多くはなかったが、後半戦監督が[[大榎克己]]に交代し清水が降格圏に沈んでいた際には、決定的なプレーで幾度となくチームを救った。[[J1リーグ]]第31節[[川崎フロンターレ]]戦では、後半ロスタイムに値千金の決勝ゴールを決め、清水のJ1残留に貢献した。2016年シーズンのJ2降格後もチームに残留し主力としてプレーするが、2018年はリーグ戦7試合の出場にとどまった。
[[2013年]][[3月30日]]、海外を含め、他クラブでプレーしたいという理由で契約を更新せずC大阪を退団した<ref>[http://www.cerezo.co.jp/news_detail.asp?c_idx=10009977&contents_code=100100&date_s=&iPage= 村田和哉選手の契約についてのお知らせ] </ref>。
 
2019年、[[柏レイソル]]に完全移籍<ref>{{Cite press release|url=https://www.reysol.co.jp/news/topteam/001547.html|title=村田 和哉選手 移籍加入のお知らせ|publisher=柏レイソル|date=2019-01-07|accessdate=2021-02-22}}</ref>。しかし、柏では出場機会に恵まれず、同年7月に[[アビスパ福岡]]に期限付き移籍<ref>{{Cite press release|url=https://www.avispa.co.jp/news/post-25184 |title=村田 和哉 選手 柏レイソルより期限付き移籍加入のお知らせ|publisher=アビスパ福岡|date=2019-07-18|accessdate=2021-02-22}}</ref>。
[[2013年]][[4月10日]]、[[清水エスパルス]]へ移籍<ref>[http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/20659/ 村田 和哉選手(前セレッソ大阪) 加入決定のお知らせ] </ref>。
2014年は主にスーパーサブとして流れを変える切り札として重宝された。先発起用は一度もなく挙げた得点も多くはなかったが、後半戦監督が[[大榎克己]]に交代し清水が降格圏に沈んでいた際には、決定的なプレーで幾度となくチームを救った。[[J1リーグ]]第31節[[川崎フロンターレ]]戦では、後半ロスタイムに値千金の決勝ゴールを決め、清水のJ1残留に貢献した。
 
20192020シーズンは[[イソルノファ山口FC]]に完全へ期限付き移籍<ref>[{{Cite press release|url=https://www.reysolrenofa.co.jpcom/newsarchives/topteam54030/001547.html |title=村田 和哉 選手 柏レイソルより期限付き移籍加入のお知らせ]柏|publisher=イソル(2019年1月7日)ノファ山口FC|date=2020-01-06|accessdate=2021-02-22}}</ref>。主にスーパーサブとかし、柏ではて13試合に出場機会に恵まれずしたが、同年7月に[[アビスパ福岡]]に末限りでの期限付き移籍した満了<ref>[{{Cite press release|url=https://www.avisparenofa.co.jpcom/newsarchives/68438/post-25184 |title=村田 和哉 選手 柏レイソルより 期限付き移籍加入期間満了のお知らせ]アビスパ福岡(2019年7月18日)|publisher=レノファ山口FC|date=2020-12-17|accessdate=2021-02-22}}</ref>と柏との契約満了による退団<ref>{{Cite press release|url=https://www.reysol.co.jp/news/topteam/033847.html|title=村田 和哉選手 契約満了のお知らせ|publisher=柏レイソル|date=2021-01-15|accessdate=2021-02-22}}</ref>が発表された
 
2021年2月22日、現役引退発表された<ref>[{{Cite press release|url=https://www.reysol.co.jp/news/topteam/033936.html |title=村田 和哉選手 引退のお知らせ]|publisher=柏レイソル(2021年2月|date=2021-02-22|accessdate=2021-02-22日)}}</ref>。滋賀県初のJリーグチームを作るため、運営会社「人生最幸」を設立した<ref>[https://this.kiji.is/736544736396951552?c=547237567727846497&wid_type=post&wid_host=http%3a%2f%2fwww.bbc-tv.co.jp 元J1選手 Jチーム目指し会社設立/滋賀]BBCびわ湖放送ニュース(2021年2月22日)</ref>。
2020年、[[レノファ山口FC]]へ期限付き移籍<ref>[https://www.renofa.com/archives/54030/ 村田 和哉 選手 柏レイソルより期限付き移籍加入のお知らせ]レノファ山口FC(2020年1月6日)</ref>。
 
2020年、[[柏レイソル]]契約満了により退団。
 
2021年2月22日、現役引退が発表された<ref>[https://www.reysol.co.jp/news/topteam/033936.html 村田 和哉選手 引退のお知らせ]柏レイソル(2021年2月22日)</ref>。滋賀県初のJリーグチームを作るため、運営会社「人生最幸」を設立した<ref>[https://this.kiji.is/736544736396951552?c=547237567727846497&wid_type=post&wid_host=http%3a%2f%2fwww.bbc-tv.co.jp 元J1選手 Jチーム目指し会社設立/滋賀]BBCびわ湖放送ニュース(2021年2月22日)</ref>。
 
== 所属クラブ ==