「アルブレヒト2世 (バイエルン公)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
| サイン =
}}
'''アルブレヒト2世'''(''Albrecht II.'', [[1369年]] - [[1397年]][[1月21日]]{{要出典|date=2021-02}})は、[[14世紀]]の[[バイエルン=シュトラウビング|下バイエルン=シュトラウビング]][[バイエルン大公|公]]。下バイエルン=シュトラウビング公兼[[エノー伯]]、[[ホラント伯]]、[[ゼーラント伯]][[アルブレヒト1世 (バイエルン公)|アルブレヒト1世]]の次男。[[ヴィルヘルム2世 (バイエルン公)|ヴィルヘルム2世]]の弟、[[ヨハン3世 (バイエルン公)|ヨハン3世]]の兄。
 
[[シュトラウビング]]に居住して内政に専念する一方、{{仮リンク|シュヴァーベン都市同盟|de|Schwäbischer Bund|en|Swabian League}}と[[ザルツブルク大司教]]の争いに介入、父と兄の[[ヴィルヘルム2世 (バイエルン公)|ヴィルヘルム2世]]の元にも出向いている。[[1397年]]、シュトラウビングへ戻る途中に[[ケルハイム]]で死去。シュトラウビング領は父の単独統治となり、その死後は兄が相続した。