「アブデュルメジト1世」の版間の差分

[[File:Dolmabahce, Istanbul, Turchia.JPG|thumb|right|[[ドルマバフチェ宮殿]]]]
[[1843年]]、アブデュルメジト1世は宮廷に仕えるアルメニア人建築家に、イスタンブールを征服したオスマン帝国の[[メフメト2世]]によって造成された庭園に従来あった木造宮殿を取り壊し、新たな宮殿を建築するように命じた。同年に着工されたこの[[ドルマバフチェ宮殿]]は実に13年の歳月の後、[[1856年]]に完成した。以降、[[1922年]]に末子で最後の皇帝メフメト6世が退去するまで、ドルマバフチェ宮殿は[[トプカプ宮殿]]にかわってオスマン帝国の王宮として利用された。
 
[[1845年]]にイギリス支配下の[[アイルランド]]で[[ジャガイモ飢饉]]が起きたときには1万ポンドの寄付をイギリス政府に申し出た。イギリス政府は[[ヴィクトリア女王]]の2000ポンドの寄付を上回る寄付に対して1000ポンドに留めるようにと返答した。するとアブデュルメジト1世は1000ポンドの寄付に加え、穀物を満載した3隻の貨物船をアイルランドへ派遣し、アイルランド東部の[[ドロヘダ]]で積み荷を降ろした。
 
[[画像:Abdulmecid I by Rupen Manas.jpg|thumb|アブデュルメジト1世]]