「有機エレクトロルミネッセンス」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎カラー化方式: リンク先とリンク文が同一)
 
2011年7月には、[[東京工業大学]]と[[科学技術振興機構]]が保持するIGZO[[薄膜]]半導体(酸化物半導体)の特許について、サムスンがライセンス取得している<ref>[http://www.jst.go.jp/pr/announce/20110720-2/index.html 高性能の薄膜トランジスターに関する特許のライセンス契約をサムスン電子と締結] 科学技術振興機構/東京工業大学 2011年7月20日</ref>。
 
2013年4月には、サムスンがアメリカにした子会社「IKT」が、[[セイコーエプソン]]が保有する有機EL特許の一部を買収した<ref>{{Cite web|title=Samsung established new US patent firm, buys display patents (probably OLED) from Seiko Epson {{!}} OLED-Info|url=https://www.oled-info.com/samsung-established-new-us-patent-firm-buys-display-patents-probably-oled-seiko-epson|website=www.oled-info.com|accessdate=2021-02-24}}</ref>。
 
=== 商業利用 ===
141

回編集