「アンソニー・ベーコン (1558-1601)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''アンソニー・ベーコン'''(Anthony Bacon, [[1558年]] - [[1601年]]5月)は、[[テューダー朝]]期[[イングランド王国|イングランド]]の政治家。[[スパイ]]でもあった。哲学者[[フランシス・ベーコン (哲学者)|フランシス・ベーコン]]の同母兄に当たる。
 
1558年、[[サー]]・[[ニコラス・ベーコン]]とその妻アン(旧姓クック)の息子として[[ロンドン]]・[[ストランド]]・{{仮リンク|ヨーク・ハウス (ストランド)|label=ヨーク・ハウス|en|York House, Strand}}に生まれる。父は[[エリザベス朝]]最初の[[大法官]]兼{{仮リンク|庶民院議長 (イギリス)|label=庶民院議長|en|Speaker of the House of Commons (United Kingdom)}}兼[[国璽尚書]]であり、母は女王[[エリザベス1世]]の側近である初代[[エクセター侯爵|バーリー男爵]][[ウィリアム・セシル (初代バーリー男爵)|ウィリアム・セシル]]の妻{{仮リンク|ミレッド・クック|en|Mildred Cooke}}の妹だった。また、バーリー男爵とミレッド夫妻の息子で後の初代[[ソールズベリー侯|ソールズベリー伯]][[ロバート・セシル (初代ソールズベリー伯)|ロバート・セシル]]は母方の従弟に当たる<ref>石井(2009)、P488 - P489、石井(2016)、P30。</ref>。
 
3歳年下の同母弟フランシスと行動を共にし、[[1573年]]に父の指示で一緒に[[ケンブリッジ大学]][[トリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)|トリニティ・カレッジ]]へ入学したが、[[1575年]]に学位を習得せず大学を去り、勉学は2年間だけだった。翌[[1576年]]にも弟と共に[[グレイ法曹院]]へ移ったが、[[1579年]]に父がわずかな遺産を残して死去すると、後ろ盾となるはずのバーリー男爵が手を貸してくれなかったため、フランシス共々[[エセックス伯]][[ロバート・デヴァルー (第2代エセックス伯)|ロバート・デヴァルー]]に近付き、[[フランシス・ウォルシンガム]]の諜報網を再建した<ref>塚田、P17、P21、P60、石井(2016)、P32、P35。</ref>。