「ブリオッシュ」の版間の差分

 
[[イタリア]]の[[シチリア]]では{{仮リンク|ブリオッシャ|it|Brioscia}}(brioscia)と呼ばれ、よく[[グラニテ|グラニタ]]と共に食したり、二つ切りにしてグラニタをはさんで食べたりする。
 
発祥は[[16世紀]]の[[オート=ノルマンディー地域圏|ノルマンディー高地地方]]で、当地はバター等の良質の乳製品の産地として有名であった。現代ではブリオッシュを朝食に食べることがあるが、[[世]]ヨーロッパでは、主食とするパンは小麦粉を水と塩のみで練って作るもので、バターや牛乳、卵の入ったブリオッシュのようなパンは菓子であると考えられていた。[[18世紀]]のフランス王妃[[マリー・アントワネット]]が言ったと伝えられる「[[ケーキを食べればいいじゃない|パンが食べられないのならお菓子を食べればよいのに]]」の「お菓子」とはこのブリオッシュのことである(ただし、この発言は捏造であることが判明している<ref>『学習漫画 世界の伝記 マリー・アントアネット』[[集英社]] 89頁および135頁</ref>)。
 
一般的なブリオッシュの材料は、小麦粉250 g250gに対して牛乳65g、砂糖35 g35g、卵120 g120g、バター125 g125g、塩5 g5g、イースト10 g10g程度の割合で(作り手によって、あるいはアレンジよって多少は異なる)粉、塩、水だけで作るリーン系の[[ット]]はもちろん[[クロワッサン]]や[[バターロール]]などのパンと比べてもバター・卵・牛乳・砂糖といった副材料の割合が非常に多く、材料からもパンと[[パウンドケーキ]]の中間にあるようなパンである<ref>『お菓子の基本大図鑑』(2001)</ref><ref>『パンの辞典』(2006)p.18</ref><ref group="注釈">パウンドケーキは小麦粉、バター、砂糖、卵を等量に用いる。</ref>。
 
{{Gallery