「儒教」の版間の差分

m
ill, see also, div col, sty
(Aoshimayouichi (会話) による ID:81946284 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
m (ill, see also, div col, sty)
 
{{諸子百家}}
[[image:Konfuzius.jpg|thumb|right|220px|儒教の始祖、孔子]]
'''儒教'''(じゅきょう、[[英語|英]]: confucianism)は、'''[[孔子]]'''を始祖とする[[宗教|思考・信仰の体系]]。紀元前の[[中国]]に興り、[[東アジア]]各国で2000年以上に渡り強い影響力を持つ。その学問的側面から'''儒学'''、思想的側面からは'''名教'''・'''{{仮リンク|礼教|zh|礼教}}'''ともいう。大成者の[[孔子]]から、'''孔教'''・'''孔子教'''とも呼ぶ。中国では、[[哲学]]・[[思想]]としては'''儒家思想'''という。[[孔子]]の弟子らがまとめたものを、[[論語]]という。
 
== 概要 ==
 
===略史===
 
[[アニミズム]]や[[シャーマニズム]]を背景に成立し、[[東周]]・[[春秋時代]]に[[魯]]の[[孔子]]やその後の儒者によって自覚された。主な教義として、[[堯]]・[[舜]]、[[文王 (周)|文]][[武王 (周)|武]][[周公旦|周公]]の古の聖賢の政治を理想として<ref>『禮記·中庸』</ref>「[[周礼]]」を復活させることや、[[家族]]や君臣の秩序を守ることなどが挙げられる([[#教義・学説]]を見よ)。孔子やその弟子たちの教団は'''儒家と呼ばれ、'''[[諸子百家]]の一つに数えられる。また、儒教を自らの行為規範にしようと、儒教を学んだり、研究したりする人のことを'''[[儒学者]]'''、'''儒者'''、'''儒生'''などと呼ぶ<ref>なお儒教を宗教として信仰せずに儒教を研究する学者は、「''儒学者''」といわずに、「''儒教研究者''」と呼ぶべきとする見方もある{{要出典|date=2011年11月}}。ただし京都大学教授の[[吉川幸次郎]]や、評論家の[[呉智英]]は、自らを儒者であると主張し、儒教の立場からさまざまな立論を行っている。</ref>。[[孟子]]は[[徳]]によって天下を治め([[孟子#王覇|王道政治]])、武力による[[覇道]]を批判し、[[禅譲]]と[[放伐]]により歴史が推移してきたとする[[徳治主義]]を主張した。時の為政者に[[法家]]、[[老荘思想]]や[[道教]]などが信仰されたこともあり、儒教は弾圧されることもあったが、前漢になると保護され、[[新]]・[[後漢]]で国教とされた。[[唐]]代には[[仏教]]が広く信仰され、再び影を潜めた。宋代には[[朱子学]]が起こり、より哲学的な[[宋明理学]]体系が生み出された。朱子学は政治と密接な関係を持ち、「[[修己治人]]」(有徳者が為政者となる)や「[[修身]]、[[斉家]]、[[治国]]、[[平天下]]」(自分、家、地方を治め得る人物が天下を握る)「[[経世済民]]」(世を治め人々を救う)といった教えがあり、[[科挙]]受験のために必要不可欠となった。
 
{{main|経書}}
===五経===
 
儒教の経典は『易』・『書』・『詩』・『礼』・『楽』・『春秋』の[[六芸]]([[六経]])である。
 
 
[[漢]]の[[武帝 (漢)|武帝]]の時、賢良文学の士で挙げられた[[董仲舒]]は儒学を正統の学問として[[五経博士]]を設置することを献策した。[[霊帝 (漢)|霊帝]]の時、諸儒を集めて五経の文字を校訂、[[太学]]の門外に[[石経]]を立てた。このとき作られた[[熹平石経]]は[[183年]](光和6年)に完成し、『易経』『儀礼』『尚書』『春秋』『公羊』『魯詩』『論語』の七経からなった。
 
{| class="wikitable"
|-
:言明を違えないこと、真実を告げること、約束を守ること、誠実であること。
この他にも、忠義、孝、悌という教えもある<ref>{{Citebook|和書|author=高畑常信|title=中国思想の理想と現実|date=2014年10月6日|edition=新|publisher=木耳社|page=31|isbn=978-4-8393-7187-6|}}</ref>。
{{Div col}}
*[[人性論]]
*[[天人の辨]]
*[[今文]]・[[古文]]
*[[道器論]]
{{div col end}}
 
== 制度・習慣 ==
=== 礼儀 ===
子曰く、「詩に興り、礼に立ち、楽に成る。」孔子曰く、「礼に非ざれば視ること勿かれ、礼に非ざれば聴くこと勿かれ、礼に非ざれば言うこと勿かれ、礼に非ざれば動くこと勿かれ。」周礼は[[五礼]]て、つまり吉礼、凶礼、賓礼、軍礼、嘉礼です。吉礼によって国家の天神、祖霊、地神を祭り、凶礼によって国家の苦難を哀憚し、救う。賓礼によって周王室と他国あるいは国家間を友好親善たらしめ、軍礼によって国家同士を協調させ、嘉礼によって万民を互いに和合する<ref>『周礼・春官宗伯』</ref>。五礼のうち、とくに吉礼(祭祀)、凶礼(喪葬)、嘉礼(冠婚)などを中心として取り上げ、殷周信仰や古来の習俗。
 
{| class="wikitable"
|-
 
日本でも、江戸時代に、幕府が儒教(特に[[朱子学]])を学問の中心と位置付けたため、儒教(朱子学)を講義した幕府や各藩の学校では孔子を祀る廟が建てられ崇敬された。[[湯島聖堂]]が、その代表である。
 
 
== 歴史(古代・中世) ==
 
清末から隆盛した[[今文学派]]による古典批判の方法論は古籍に対する弁偽の風潮を興し、[[1927年]]、[[顧頡剛]]を始めとする[[疑古派]]が経書や古史の偽作を論ずる『[[古史弁]]』を創刊した。顧頡剛は「薪を積んでいくと、後から載せたものほど上に来る」という比喩のもと、古史伝承は累層的に古いものほど新しく作られたという説を主張し、堯・舜・禹を中国史の黄金時代とする儒教的歴史観に染まっていた知識人に大きな衝撃を与えた。さらに[[銭玄同]]は[[六経]]は[[周公]]と無関係であるばかりでなく[[孔子]]とも無関係である論じ、孔子と六経の関係は完全に否定されるに到った。
 
*[[新儒家]]
**[[熊十力]]
[[ファイル:Korean_Confucian_scholar.JPG|右|サムネイル|240x240ピクセル|朝鮮の儒学者]]
[[朝鮮]]は本家中国以上に儒教文化が深く浸透した儒教文化圏であり、現在でもその遺風が[[朝鮮の文化]]の中に深く残っている。それだけに、恩師に対する「礼」は深く、先生を敬う等儒教文化が良い意味で深く浸透しているという意見もある。[[李氏朝鮮]]の統治階層であった[[両班]]は自らを儒教の継承人と見做し、儒教の浸透に深く関わった。
 
* [[李退渓]]:[[嶺南学派]]
* [[李栗谷]]:[[畿湖学派]]
[[File:19世紀末參與科舉考試的越南儒生.jpg|thumb|19世紀末の[[科挙]]の風景]]
漢王朝([[北属期]])の時代に儒教が伝播したが、当地から著名な儒家を輩出することはなかった。10世紀に[[李朝 (ベトナム)|李朝]]が成立すると儒教制度が本格的に導入され、政治領域をはじめ教育、学術、文芸、文化風俗などにおける影響力が強くなった。しかしながら、仏教や道教と比較して絶対的優位とはならなかった。15世紀に[[後黎朝]]が成立すると、仏教・道教に対する儒教の優位性が確立され社会の各階層に浸透した。これに伴いベトナムは東南アジア的な性質を徐々に失い、[[漢字文化圏|中国文化圏]]としての色彩を強めるに至った<ref>{{cite journal|author1=黄俊傑|author2=阮金山|title=〈越南儒學資料簡介〉|url=http://www.eastasia.ntu.edu.tw/member/eastasia/temp/6-2/6-2-9.pdf|journal=《台灣東亞文明研究學刊》|year=2009|volume=12|pages=221-226|accessdate=2019-03-03|language=zh-hant|deadurl=yes|archiveurl=https://web.archive.org/web/20141021124223/http://www.eastasia.ntu.edu.tw/member/eastasia/temp/6-2/6-2-9.pdf|archivedate=2014-10-21}}</ref>。18世紀から19世紀にかけては儒教の影響が最も強くなった。17世紀から19世紀にかけて[[馮克寛]]、[[黎貴惇]]、[[呉時任]]、[[阮文超]]、[[嗣徳帝]]などの著名な儒家を輩出した。
 
*
 
== 日本における儒教 ==
 
'''儒学の伝来'''
 
日本に儒教が伝来したのは、5世紀の[[五経博士]]によってである。朱子学は漢籍に紛れて輸入され、僧侶に学ばれた([[五山文学]])。[[藤原惺窩]]と[[林羅山]]は仏教から朱子学に転じ、[[徳川幕府]]に仕えた。近世の代表的な朱子学者として、[[谷時中]]、[[南村梅軒]]、[[野中兼山]]、[[新井白石]]、[[室鳩巣]]、[[雨森芳洲]]などがいる。新井白石や荻生徂徠は政治にも深く関与した。朱子学は[[寛政異学の禁]]により官学化された。朱子学は庶民にも広く学ばれ、大坂では町人により[[懐徳堂]]が開かれた。
 
'''朱子学批判'''
 
[[山崎闇斎]]や[[貝原益軒]]は朱子学を学びながらもそれに疑問を呈するようになっていった。[[中江藤樹]]は陽明学に転じ、道学を教え近江聖人と呼ばれた。弟子の[[熊沢蕃山]]は農本思想を説いた。[[山鹿素行]]は聖学を創始し、孔子本来の教えに立ち戻ることを主張した。[[伊藤仁斎]]は道徳とは性即理(本然の性)によるのではないとし、日常的生活実践としての忠恕を重視した。[[荻生徂徠]]は礼楽刑政の道とは聖人が制作したものであり、その制度を現在の政治に実現することを説いた。徂徠の弟子には文人の[[服部南郭]]や、『経済録』の[[太宰春台]]がおり、後世には[[本居宣長]]や、[[海保青陵]]らの経世家に影響を与えていった。[[懐徳堂]]では[[中井竹山]]らが朱子学を教えたが、[[中井履軒]]など朱子学に疑念を呈するものや、[[富永仲基]]や[[山片蟠桃]]など、儒学を始めとする宗教を否定する合理主義者が現れた。
 
'''幕末の儒学'''
 
[[昌平坂学問所]]の[[佐藤一斎]]は朱子学のほかに陽明学を修め、[[渡辺崋山]]や[[佐久間象山]]、[[横井小楠]]ら幕藩体制秩序の破壊を試みた弟子を輩出した。陽明学者の[[大塩平八郎]]は、[[大塩平八郎の乱]]を起こして、幕府に挑戦した。
 
 
'''近現代の儒学'''
 
明治維新の志士たちは水戸学や陽明学を信奉していたから、明治以後にも研究が行われた。[[井上哲次郎]]は朱子学、陽明学、古学を研究した。漢学者の[[元田永孚]]は[[教育勅語]]を起草したが、天皇の教えという形を取りながら、実質的には儒教道徳を説いた。天皇制国家と[[国家神道]]が作られてからも、政府中枢に漢学者がおり、たとえば[[安岡正篤]]は[[玉音放送|終戦の詔勅]]に関与した。民間右翼の中に儒学を元に尊王思想を説くものもあった。[[村岡典嗣]]や[[津田左右吉]]や[[和辻哲郎]]、[[丸山眞男]]らは日本の儒教を研究した。戦後は大学で儒教が学ばれたり、ビジネスマンの教養として『論語』が読まれるに留まる。
 
== 儒教に関する研究と論点 ==
 
===東アジアの近代化と儒教===
宗教社会学者の[[マックス・ヴェーバー]]は『[[プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神]]』で西欧の近代化の原因はプロテスタンティズムにあるとしたが、その他の地域でも同様の研究を行っている。アジアについては、『儒教と道教』で「儒教は合理主義的だったが、プロテスタンティズムのような厳格さを持たなかったため、東アジアは近代化しなかった」という趣旨のことを述べている。また、[[マルクス主義]]では、「アジア的生産様式」によって中国では「アジア的停滞」が引き起こされ、近代化は起こらなかったなかったという。[[カール・ウィットフォーゲル]]は、それが「アジア的専制」を産み出したという。一方で、1990年代以降、中国の[[改革解放]]の成功や[[アジア四小竜]]の台頭を迎えると、[[リー・クアンユー]]や[[李登輝]]などは儒教が近代化の原因だと述べた。<ref>{{Cite web|url=https://archives.bukkyo-u.ac.jp/repository/baker/rid_SK000600002615|title=東アジアにおける近代化と儒教倫理|accessdate=2020年12月30日|publisher=佛教大学論文目録リポジトリ|author=大橋松行}}</ref>
===儒教は宗教か===
儒教の長い歴史の間には、古文・今文の争い、喪に服する期間、[[仏教]]との思想的関係、[[理]]や[[気]]の捉え方など様々な論争がある。現在の学術研究、特に日本における論争のひとつに“儒教は宗教か否か”というものがある。現在、“儒教は倫理であり哲学である”とする考えが一般的<ref>[[湯浅赳男]]『面白いほどよくわかる 世界の哲学・思想のすべて』[[日本文芸社]]、平成17年2月1日改訂第1版、ISBN 4-537-11501-7、p72</ref>だが、[[孟子]]以降天意によって総てが決まるとも説かれており、これが[[唯物論]]と反する考えになっているという指摘もある。[[加地伸行]]などは、宗教を「[[死生観]]に係わる思想」と定義した上で、祖先崇拝を基本とする儒教を宗教とみなしている<ref>加地伸行 『沈黙の宗教-儒教』 [[筑摩書房]]〈ちくまライブラリー〉/ 改訂版・[[ちくま学芸文庫]]、2011年</ref>。<!---このため、“儒教を思想と看做すか(狭義の)宗教と看做すか”では完全に見解が分かれており、たびたび論争の焦点になっている。儒教を[[宗教]]と定義した場合は教義に平等思想が無い事と死後の世界の観念が無い事による死後の再評価ができない事も問題視されている{{誰2|date=2009年10月}}---> しかし何れにせよ、その唱える処は宗教に酷似している為、広義の宗教と結論づける事が可能なのである。
{{See also|zh:儒教 (宗教)}}
 
== 文献 ==
== 関連項目 ==
{{See|儒学者一覧}}
{{Div col}}
* [[十三経]]
* [[漢唐訓詁学]]
* [[律令制]]
* [[鬼道]] - 儒教的価値観にそぐわない政治体制
{{div col end}}
 
== 外部リンク ==
{{Commonscat|Confucianism}}
* [http://chinese.dsturgeon.net/text.pl?node=47084&if=gb 早期儒学著作]{{Zh-hk icon}}・{{Zh-smpl icon}}・{{En icon}}の表示変換が出来る
{{Authority control}}
 
{{Normdaten}}
{{DEFAULTSORT:しゆきよう}}
[[Category:儒教|*]]