「バッファ」の版間の差分

編集の要約なし
#{{theotheruses|データの一時的な[[記憶装置]]・記憶領域のこと。本項で詳述。}}
'''バッファ'''
#[[鉄道車両]]の[[連結器]]部の左右など装備される緩衝器。[[連結器]]の記事を参照。
#[[緩衝国]]。
#[[緩衝材]]。転じて[[調停]]役の人。
#[[電子回路]]の緩衝[[増幅器]]。[[アンプ|バッファアンプ]]。主に後段からの逆流や負荷変動の影響を吸収するために用いられる。
#データの一時的な[[記憶装置]]・記憶領域のこと。本項で詳述。
*その他、[[バッファー]]も参照せよ。
 
----
'''バッファ'''(buffer)は、[[コンピュータ]]の[[入出力|入出力装置]]や[[補助記憶装置]]などの入出力デバイスと、[[CPU]]・制御装置・[[コントローラ]]などの処理装置との間でデータを遣り取りする際に、入出力と処理との間でタイミングに時間的な差がある場合にそれを吸収するための、データの一時的な記憶装置・記憶場所。
 
51

回編集