「テトラコルド」の版間の差分

説明楽譜(自作)の追加
({{出典の明記|date=~~~~~}})
(説明楽譜(自作)の追加)
 
[[古代ギリシア]]の音楽理論では、[[完全四度]]の[[音程]]を3つの音程で区切ることで得られるテトラコルドが音組織の基礎であり、音程の構成から、ディアトノン、クローマティコン、エンハルモニオンの3つの種類が有った。ディアトノンのテトラコルドは、上の2つの[[全音]]とその下の1つの[[半音]]の音程で構成されており、同様にクローマティコンは上の[[短三度]]と下の2つの半音、エンハルモニオンは上の[[長三度]]と下の半音よりも狭い2つの音程から成っていた。現在の[[全音階]]はディアトノンのテトラコルドに由来している。
[[File:Tetrachords.png|thumb|Ancient Greek Tetrachords]]
 
この概念の拡張例として、[[小泉文夫]]による日本の旋法の理論がある。この理論においては、完全四度の枠内に挿入される音の数は、通常の2音ではなく1音とされる。例えば、沖縄音階「ドミファソシド」は、擬似テトラコルド「ドミファ」と「ソシド」を積み重ねたものとして理解することができる、などと説明される。
160

回編集