「梶原一騎」の版間の差分

m
「純情 梶原一騎正伝」に基づき、生年月日について、正確かどうかは分からないとの疑義を追加した。
m (→‎経歴: 経歴部分の「純情 梶原一騎正伝」からの引用部分が、賛否の証言あることと、「断言できない」との結論であることを追加。)
m (「純情 梶原一騎正伝」に基づき、生年月日について、正確かどうかは分からないとの疑義を追加した。)
}}
 
'''梶原 一騎'''(かじわら いっき、[[1936年]][[9月4日]](正確な生年月日には疑義もある) - [[1987年]][[1月21日]])は、日本の[[漫画原作者]]、[[小説家]]、[[映画プロデューサー]]。本名は、'''高森 朝樹'''(たかもり あさき)。'''高森 朝雄'''(たかもり あさお)の筆名も使用した。格闘技やスポーツを題材に、男の闘う姿を豪快に、ときには繊細に描き出し、話題作を次々と生み出した。自身の型破りで豪快な生き方や数々のスキャンダルでも話題を呼んだ。
 
1966年から『[[週刊少年マガジン]]』に連載された漫画『[[巨人の星]]』の原作者として名声を上げ、以後『[[あしたのジョー]]』(高森朝雄名義)、『[[タイガーマスク]]』など、いわゆる「[[スポ根]]もの」分野を確立した功績をはじめ、多くの劇画・漫画作品の原作者として活躍した。