「宮城大学」の版間の差分

m
編集の要約なし
2013年(平成25年)[[11月29日]]、[[東日本大震災]]([[2011年]][[3月11日]]発生)からの復興、および、[[東北地方]]の医師不足等を理由に[[文部科学省]]が「東北地方における医学部設置認可に関する基本方針について」にて、東北地方において1校に限り医学部新設を認めると通達した<ref>[http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/1347441.htm 東北地方における医学部設置について](文部科学省)</ref>。すると、[[一般財団法人]][[厚生会]]([[仙台厚生病院]]を運営)、[[学校法人]][[東北薬科大学]]([[東北薬科大学病院]]を運営)、一般財団法人[[脳神経疾患研究所]]([[総合南東北病院]]等を運営)の3つのグループが申請に向けた動きを始めた<ref name="m3.com20140530">[https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/219931/ 宮城県が医学部新設、文科省に申請へ 応募期限は5月30日、3団体が名乗り](m3.com 2014年5月30日)</ref>。
 
応募締切の[[2014年]](平成26年)[[5月30日]]が迫る中、[[5月25日]]に厚生会のグループ([[東北福祉大学]]に医学部を設置し、[[大学病院]]を仙台厚生病院、[[栗原市立栗原中央病院]]、[[宮城県立循環器・呼吸器病センター]]等とする)が申請を断念し、[[5月27日]]に[[村井嘉浩]]・宮城県知事に協力を要請した<ref name="m3.com20140530"/>。[[5月29日]]、厚生会のグループの構想の枠組みの一部を引き継ぐ形で、知事が県立の医学部を新設する方針を記者会見で表明した<ref name="m3.com20140530"/>。その計画とは、(仮称)宮城大学医学部(あるいは宮城県立医科大学、定員60名)を設置し、栗原中央病院({{ウィキ座標|38|44|47.1|N|141|1|12.1|E|region:JP|地図|name=栗原市立栗原中央病院}}、300床)および県立循環器・呼吸器病センター({{ウィキ座標|38|39|8.6|N|141|4|15.9|E|region:JP|地図|name=宮城県立循環器・呼吸器病センター}}、150床)を再編統合、[[大崎地方|大崎]]・[[栗原郡|栗原]]医療圏における余剰病床150床を活用して計600床の大学病院を[[栗原市]]に設置するもので、これらは当校の栗原キャンパス(建設費270億円<ref>[https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/241204/ 「宮城大学医学部」、総事業費は979億 建築費と40年間の維持管理費、県が事業案公表](m3.com 2014年8月11日)</ref>)とするとした<ref>{{PDFlink|[http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2014/07/10/1349194_01.pdf 東北地方における医学部設置に係る構想応募書]}}(文部科学省)</ref>(大和・栗原の両キャンパス間は道なりに60km弱離れており、高速道路経由で約50分、一般道経由で約75分)。[[8月28日]]、審査結果が発表され、東北薬科大学(現・[[東北医科薬科大学]])が選ばれた<ref>[http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/1351679.htm 東北地方における医学部設置に係る構想審査会構想審査結果(平成26年8月28日)](文部科学省 2014年8月28日)</ref>当校に医学部は設置されなかった。
 
=== 年表 ===