「ヘンリー・フレデリック・ステュアート」の版間の差分

編集の要約なし
| 配偶者1 =
| 子女 =
| 家名 = [[ステュアート朝|ステュアート家]]
| 父親 = [[イングランド王国|イングランド]]・[[スコットランド王国|スコットランド]]王[[ジェームズ1世 (イングランド王)|ジェームズ1世]]
| 母親 = [[アン・オブ・デンマーク]]
| サイン =
}}
'''ヘンリー・フレデリック・スチュアート'''('''Henry Frederick Stuart''', Prince of Wales, [[1594年]][[2月19日]] - [[1612年]][[11月6日]])は、[[ステュアート朝]]の[[イングランド王国|イングランド]]・[[スコットランド王国|スコットランド]]の[[王太子]]、[[プリンス・オブ・ウェールズ]]。イングランド王兼スコットランド王[[ジェームズ1世 (イングランド王)|ジェームズ1世]](スコットランド王としては同6世)の長男。母はジェームズ1世王妃で[[デンマーク=ノルウェー]]の王[[フレゼリク2世 (デンマーク王)|フレゼリク2世]]の娘[[アン・オブ・デンマーク]]。[[エリザベス・ステュアート]]と[[チャールズ1世 (イングランド王)|チャールズ1世]]の実兄にあたる。
 
== 生涯 ==
当時スコットランド王であったジェームズ6世の長男として[[スターリング城]]で生まれた。そのため、'''ヘンリー・オブ・スターリング'''(Henry of Stirling)とも呼ばれる。当初[[ロスシしかし誕生が両親の諍いとなり、母が祖父に因んで息子にフレデリックと名付けたかったのに対し、ジェ公]]ムズ6世はヘンリーと名付けたかったことで争いスコ最終的に複合名ヘンリー・フレデリトランド王太子クで決着が与えられていたがヘンリー・フレデリックを[[1603年スターリング城]]から出さない父対し、母イングランド国王を兼ねる強引に城から出そう画策したことで夫婦は疎遠になった。一方重ねて[[コー父はヘウォル公]](イ・フレデリックのため統治術の書として『{{仮リグラク|バシリコ王太子)も与えられーロン|en|Basilikon_Doron}}』を執筆、[[16101599年]]にはプリンス・オブ・ウェールズの称号が与えら出版された<ref name="森361">森、P361。</ref><ref>トランター、P254 - P256、小林、P4、P11 - P12、P49。</ref>
 
当初[[ロスシー公]](スコットランド王太子)が与えられていたが、[[1603年]]に父がイングランド国王を兼ねると、重ねて[[コーンウォール公]](イングランド王太子)も与えられ、[[1610年]]にはプリンス・オブ・ウェールズの称号が与えられた。[[1605年]]に[[オックスフォード大学]]のモードリン・カレッジに入学するが、[[チフス]]に倒れて18歳の若さで死亡する。遺体は[[ウェストミンスター寺院]]に埋葬された。弟のチャールズが王太子になり、父の死後チャールズ1世として即位した<ref name="森361"></ref>
 
美男子で明るい性格であったと伝えられ、父や弟と違って次期国王としてイングランドを理解することに努めていた。このため「ヘンリーが王位を継承していたならば、その後の[[イングランドギリスの議会|議会]]との全面衝突、一連の[[ブリテン清教徒革命]]の発生を回避できたのでは?」とする意見もある。また父と不仲だった[[ウォルター・ローリー]]を母共々慕い、[[ロンドン塔]]で服役中のローリーに教育を受けたり、[[1609年]]にローリーと繋がりがある[[ギアナ地方|ギアナ]]入植に関わるなどローリーの影響が見られた。ローリーの方もヘンリー・フレデリックの教育用に『世界の歴史 A Historie of the World』を書き(ヘンリー・フレデリックの急死で中断)、彼の死後に『イングランド議会の大権』を書いたりしている<ref name="森361"></ref><ref>櫻井、P35、P233。</ref>
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 参考文献 ==
* [[森護]]『英国王室史事典』[[大修館書店]]、1994年。
* [[ナイジェル・トランター]]著、[[杉本優]]訳『スコットランド物語』大修館書店、1997年。
* [[櫻井正一郎]]『サー・ウォルター・ローリー <small>-植民と黄金-</small>』[[人文書院]](龍谷叢書)、2006年。
* [[小林麻衣子]]『近世スコットランドの王権 <small>-ジェイムズ六世と「君主の鑑」-</small>』[[ミネルヴァ書房]]、2014年。
 
{{DEFAULTSORT:すてゆあと へんりい ふれてりつく}}