「ヘンリー・フレデリック・ステュアート」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
| サイン =
}}
'''ヘンリー・フレデリック・スチュアート'''('''Henry Frederick Stuart''', Prince of Wales, [[1594年]][[2月19日]] - [[1612年]][[11月6日]])は、[[ステュアート朝]]の[[イングランド王国|イングランド]]・[[スコットランド王国|スコットランド]]の[[皇太子|王太子]]、[[プリンス・オブ・ウェールズ]]。イングランド王兼スコットランド王[[ジェームズ1世 (イングランド王)|ジェームズ1世]](スコットランド王としては同6世)の長男。母はジェームズ1世王妃で[[デンマーク=ノルウェー]]の王[[フレゼリク2世 (デンマーク王)|フレゼリク2世]]の娘[[アン・オブ・デンマーク]]。[[エリザベス・ステュアート]]と[[チャールズ1世 (イングランド王)|チャールズ1世]]の実兄にあたる。
 
== 生涯 ==
当時スコットランド王であったジェームズ6世の長男として[[スターリング城]]で生まれた。そのため、'''ヘンリー・オブ・スターリング'''(Henry of Stirling)とも呼ばれる。しかし誕生が両親の諍いとなり、母が祖父に因んで息子にフレデリックと名付けたかったのに対し、ジェームズ6世はヘンリーと名付けたかったことで争い(最終的に複合名ヘンリー・フレデリックで決着)、ヘンリー・フレデリックを[[スターリング城]]から出さない父に対し、母が強引に城から出そうと画策したことで夫婦は疎遠になった。一方、父はヘンリー・フレデリックのため統治術の書として『{{仮リンク|バシリコン・ドーロン|en|Basilikon_Doron}}』を執筆、[[1599年]]に出版された<ref name="森361">森、P361。</ref><ref>トランター、P254 - P256、小林、P4、P11 - P12、P49。</ref>。
 
当初[[ロスシー公]](スコットランド王太子)が与えられていたが、[[1603年]]に父がイングランド国王を兼ねると、重ねて[[コーンウォール公]](イングランド王太子)も与えられ、[[1610年]]にはプリンス・オブ・ウェールズの称号が与えられた。[[1605年]]に[[オックスフォード大学]]のモードリン・カレッジに入学するが、[[チフス]]に倒れて18歳の若さで死亡する。遺体は[[ウェストミンスター寺院]]に埋葬された。弟のチャールズが王太子になり、父の死後チャールズ1世として即位した<ref name="森361"></ref>。