「田中栄一」の版間の差分

編集の要約なし
'''田中 栄一'''('''たなか えいいち'''、男性、[[1901年]][[10月8日]] – [[1980年]][[2月1日]])は、[[昭和]]期の[[政治家]]、第61代[[警視総監]](在任期間:[[1948年]][[3月7日]]~[[1954年]][[6月29日]])。
 
==来歴・人物==
[[東京都]][[浅草]]生まれ。[[薩摩]][[士族]]の血を引く。祖父は[[西南戦争]]で[[西郷隆盛]]側に立って戦い討ち死にした。幼少期に父と死別、母とは生別、兄弟は離散して親戚に預けられ、小学校を出ると[[別府市|別府]]のホテルで給仕として働いた。たまたま訪れた客の海軍士官から、「偉くなりたいなら上京して勉強せよ」と激励され、苦学の末[[東京帝国大学]][[法学部]]に入学する。[[高等文官試験]]にパスし、卒業後の[[1927年]][[内務省]]に入省、主に統制経済畑を歩いた。
 
[[Category:東京都の政治家|たなかえいいち]]
[[Category:日本の官僚|たなかえいいち]]
{{[[Category:1901年没年|たなかえいいち|1901年|1980年}}]]
[[Category:1980年没|たなかえいいち]]
匿名利用者