「アルペイオス」の版間の差分

m
インフォボックス追加ほか
m (インフォボックス追加ほか)
{{Infobox deity
[[File:Scultore fiorentino, alfeo e aretusa, 1561-62.JPG|thumb|270px|アルペイオスとアレトゥーサ。]]
| type = Greek
| name = アルペイオス<br/>Ἀλφειός
| image = Scultore fiorentino, alfeo e aretusa, 1561-62.JPG
| image_size = 270px
| caption = {{small|[[フィレンツェ]]の彫刻家の作品『アルペイオスとアレトゥーサ』1561年から1562年。[[バルジェロ美術館]]所蔵}}
| deity_of = {{small|河神}}
| birth_place =
| death_place =
| abode = [[アルペイオス川]]
| symbol =
| consort =
| parents = [[オーケアノス]]、[[テーテュース]]
| siblings = [[ポタモイ]]([[エーリダノス]]、[[ストリューモーン]]、[[アケローオス]]、[[シモエイス]]、[[ペーネイオス]]、[[ラードーン]]、[[スカマンドロス]])、[[オーケアニデス]]
| children = [[ペーゲウス]]、オルティロコス
| mount =
| Roman_equivalent =
}}
[[File:Picart alpheus arethusa.jpg|thumb|270px|[[ベルナール・ピカール ]]([[:en:Bernard Picart|en]])による[[エングレービング]]。アレトゥーサを追いかけるアルペイオス。]]
'''アルペイオス'''({{lang-grc-short|'''Ἀλφειός'''}}, ''{{ラテン翻字|el|Alpheios''}}, {{lang-la|Alpheus}})は、[[ギリシア神話]]の神である。[[エーリス]]地方の[[アルフィオス川|アルペイオス]]のである。エーリス地方の最大の河川であるアルペイオスは、エーリス地方では特に尊崇されていた<ref>パウサニアス、5巻10・7。</ref>。
 
[[オーケアノス]]と[[テーテュース]]の3000人の子供の1人で<ref>ヘーシオドス、338。</ref>、[[アルカディア]]地方のプソーピスの王[[ペーゲウス]]の父<ref>ヒュギーヌス、244話。</ref><ref>ヒュギーヌス、245。</ref>。またテーレゴネーとの間にオルティロコスをもうけたともいわれる<ref>パウサニアス、4巻30・2。</ref>。オルティロコスは[[ディオクレース]]の父<ref>『[[オデュッセイア]]』3巻489行</ref><ref>[[イーリアス]]』5巻547行。</ref>。
 
== 神話 ==
神話によるとアルペイオスは[[アルテミス]]に恋をしたといわれる。アルペイオスはアルテミスと夫婦になれそうにないと考え、アルテミスを無理やり奪おうと考え、その機会をうかがっていた。そこでアルテミスと[[ニュムペー]]たちが祭を開いているところにやって来た。しかしアルテミスはアルペイオスが何か企んでいると考えて、ニュムペーたちとともに顔に泥を塗った。このためアルペイオスは誰がアルテミスか分からなかったので、あきらめて去ったといわれる<ref>パウサニアス、6巻22・9。</ref>。
 
またアルペイオスはニュムペーの[[アレトゥーサ]]にも恋をした。しかしアレトゥーサは拒んで逃げ、[[シチリア島]]の[[シラクサ|シュラクーサイ]]の泉に[[変身]]した<ref>オウィディウス『変身物語』5巻。</ref>。古代ではアルペイオス河はシュラクーサイのアレトゥーサの泉とつながっていて、河の水が海に混ざらずに海底を通ってアレトゥーサの泉から湧き出すと信じられていて、アルペイオス河に流した物がアレトゥーサの泉から湧き出るといわれていた<ref>ストラボン、6巻2・4。</ref>。こうした伝説からアレトゥーサへの恋の物語が生まれたとされる<ref>パウサニアス、5巻7・3。</ref>。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
<div class="references-small"><references /></div>
 
== 参考文献 ==
{{commonscat|Alphaeus (mythology)}}
* [[オウィディウス]]『[[変身物語]]』中村善也訳、[[岩波文庫]](1981年)
* [[ストラボン]]『[[地理誌|ギリシア・ローマ世界地誌]]』飯尾都人訳、龍渓書舎(1994年)
* [[パウサニアス]]『ギリシア記』飯尾都人訳、龍渓書舎(1991年)
* [[ヒュギーヌス]]『ギリシャ神話集』[[松田治]]・青山照夫訳、[[講談社学術文庫]](2005年)
* [[ヘシオドス]]『[[神統記]]』[[廣川洋一]]訳、岩波文庫(1984年)
*高津春繁 [[ホメロス]][[イ・ローマ神話辞典ス]](上)[[岩波書店松平千秋]](1960訳、岩波文庫(1992年)
* ホメロス『[[オデュッセイア]](上)』[[松平千秋]]訳、岩波文庫(1994年)
* 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、[[岩波書店]](1960年)
 
{{ギリシア神話}}