「井伊谷宮」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''井伊谷宮'''(いいのやぐう)は、[[静岡県]][[浜松市]][[北区 (浜松市)|北区]]の[[井伊谷]]にある[[神社]]である。旧[[近代社格制度|社格]]は[[官幣中社]]。[[建武中興十五社]]の一社である。
 
[[後醍醐天皇]]の第四皇子で[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]に征東将軍として関東各地を転戦した[[宗良親王]]を祀る。元中2年([[1385年]])8月10日に73歳で歿した地と伝えられ(他説もある)、社殿の背後に宗良親王の墳墓がある。[[神紋]]の李花紋は、歌人としても有名であった宗良親王の家集の題名『[[李花集]]』に因むものである。
 
== 歴史 ==
[[明治維新]]の際、建武中興に尽力した人々を祀る神社が次々に作られた中の一つである。[[彦根藩]]の[[知藩事]]・[[井伊直憲]]が井伊谷に宗良親王を祭る神社創建を出願し、明治2年([[1869年]])にその手伝いをするよう命じられた。井伊谷は[[井伊氏]]発祥の地で、宗良親王は[[井伊道政]]と[[井伊高顕]]に助けられ、この地で薨去なされたと伝えられていた<ref>岡田米夫「神宮・神社創建史」30-31頁。</ref>。翌明治3年([[1870年]])の春に完成した神社は、はじめ宗良親王御社といったようだが、明治5年([[1872年]])1月23日に井伊谷宮に改称になり、2月12日に鎮座祭が[[神祇省]]の役人によって行なわれた<ref>「[http://jpimg.digital.archives.go.jp/pdf/S46B0100560000/085807432852.pdf 宗良親王御社ヲ井伊谷宮ト称ス附鎮坐祭典官員参向・三条]」、『太政類典』第2編(明治4年~明治10年)、第256巻、5。</ref>。
 
初め[[近代社格制度|社格]]がなく、[[神官]]を置かず、[[宮内省]][[式部寮]]の役人が祭祀を執行していたが、明治6年([[1873年]])6月9日に白峯宮([[白峯神宮]])、[[鎌倉宮]]とともに官幣中社に列せられた<ref>「[http://jpimg.digital.archives.go.jp/pdf/S46B0100560000/087107432865.pdf 自峯宮并鎌倉井伊谷二宮ヲ官幣中社東照宮ヲ別格官幣社ニ列ス]」、『太政類典』第2編(明治4年~明治10年)、第256巻、8。</ref>
426

回編集