「使徒 (新世紀エヴァンゲリオン)」の版間の差分

『Q』では14年もの間、2本の槍が刺さったまま結界を張っていて、何者をも通さない状態であったが、エヴァ第13号機によって突破される。首と胴体が切り離されており、セントラルドグマに安置されている胴体はただの死体に過ぎず、第一発令所跡地にある首の方は仮面が剥がれ、綾波レイと似た顔立ちをしている。第13号機によって2本の槍を引き抜かれた後、両方とも形象崩壊したが、これをもって殲滅されたとみなされるかは、『Q』終了時点では不明。
 
『[[シン・エヴァンゲリオン劇場版|シン・エヴァ]]』では、ミサトのニアサードインパクトの回想時に登場する他、劇中のネブカドネザルの鍵。磔にされていた身体使用して神と化動かし、人類補完計画を引き起こしたゲンドウの手によって現世に復活する。覚醒し、現世に復活した姿は旧劇場版に登場した姿に酷似しており、旧劇場版初号機へ同じ呼応するように知恵動いている実を持つ存在が確認人類をL.C.Lへと戻し、エヴァンゲリオンインフィニティを生み出した(L.C.Lへと還元される描写があるのは一部の登場人物のみ)。しかし全てのエヴァンゲリオンを消すことを決意したシンジの願いによってエヴァンゲリオンインフィニティは元の人の姿に戻り、復活したリリスも消滅した
 
また、ニアサードインパクトの回想時、磔にされていた身体を動かし、覚醒した初号機へと呼応するように動いているのが確認できる。
 
=== 第3の使徒 ===