「オーラルセックス」の版間の差分

(悪戯な記述の除去)
タグ: 手動差し戻し
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
[[File:Cunni.svg|thumb|right|230px|クンニリングス]]
オーラルセックスは、[[性行為]]の[[前戯]]としての役割が強く、[[ベッド]]など性交が行われる場所でその延長線上的に行われることが多い。
 
[[吉行淳之介]]の小説『夕暮まで』(1978年)では、オーラルセックスは許すが、性交は許さないという[[処女]]の女性が[[主人公]]である。
 
== 性病・口腔癌・舌癌・喉頭癌の危険性について ==
203

回編集