「ヴァーツラフ1世 (ボヘミア公)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
}}
 
'''ヴァーツラフ1世'''('''Václav I''', [[907年]] - [[935年]][[9月28日]])は、[[ボヘミア]]公(在位:[[921年]] - 935年)。[[ヴラチスラフ1世 (ボヘミア公)|ヴラチスラフ1世]]と妃[[ドラミホーラ]]の長男。[[プシェミスル朝]]の実質的な始祖[[ボジヴォイ1世 (ボヘミア公)|ボジヴォイ1世]]の孫で4代目にあたる。ボヘミアの[[キリスト教]]化を推進したが反対派に[[暗殺]]された。[[チェコ]]の[[守護聖人]]'''聖ヴァーツラフ'''としても知られている。
 
== 生涯 ==
ヴァーツラフ1世が生まれたころのボヘミアはキリスト教を受け入れ、また地域と社会の国家化が進んでいく過程にあった。ボジヴォイ1世がキリスト教徒となり、以後プシェミスル朝は[[プラハ]]を中心としてキリスト教と王権を柱とする支配体制を構築していくが、まだキリスト教を受け入れず、また王権体制を拒絶する旧来からの有力者も多かった。周辺環境としては、西からはドイツ、東からはハンガリーの勢力が伸張していた。
 
ヴァーツラフ1世は祖母[[ボヘミアのリュドミラ|聖ルドミラ]]によって信仰篤いキリスト教徒として育てられるが、ルドミラはヴァーツラフ1世への影響力や政治方針を巡って、父ヴラチスラフ1世の戦死後に摂政となっていた母ドラミホーラと対立し、ドラミホーラと彼女が味方とした従来の政策に反感を持つ貴族達によって殺害された。ドラミホーラもまもなく貴族の離反にあって権力を失い、[[924年]]ないし[[925年]]、成人したヴァーツラフ1世は実権を掌握した。
 
ヴァーツラフ1世は母を追放し(後に帰参)、[[聖ヴィート大聖堂]]の始まりとなる聖堂を建造、宣教師をドイツから招くなど、キリスト教化を進める政策を採った。外交政策としては[[東フランク王国]](及び後の[[神聖ローマ帝国]])の宗主権を認め、ボヘミアは西ヨーロッパ世界の一員となった。これによりプシェミスル朝は西からの軍事圧力を緩和し、キリスト教布教の援助を得て国内支配の強化を進めることができた。
[[Category:正教会の聖人]]
[[Category:プラハ出身の人物]]
[[Category:暗殺された人物]]
[[Category:907年生]]
[[Category:935年没]]