「ウェンセスラスはよい王様」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
m
 
 
== 歴史上のウェンセスラス王 ==
[[Image:Sv Václav 1.jpg|thumb|right|260px|[[ボヘミア]][[ボヘミア君主一覧|ボヘミア公]][[ヴァーツラフ1世 (ボヘミア公)|ヴァーツラフ1世]][[:commons:Image:Sv Václav 1.jpg|騎馬像]]]]
このうたのウェンセスラス王は、歴史的に実在した[[ボヘミア]][[ボヘミア君主一覧|ボヘミア公]][[ヴァーツラフ1世 (ボヘミア公)|聖ヴァーツラフ1世]]がモデルとなっている。ヴァーツラフ1世は[[907年]]に生まれ、[[935年]][[9月28日]]に[[暗殺]]された([[929年]]死亡説もある)。ボヘミア公[[ヴラチスラフ1世 (ボヘミア公)|ヴラチスラフ1世]]の息子で、当時[[キリスト教]]の教線がボヘミア地方にも達し、父はキリスト教の信仰のなかに育ち、ヴァーツラフ1世もまたキリスト教を捧持した。
 
しかし、[[ボヘミア]]では伝統宗教がなお勢力を持ち、貴族たちはキリスト教の到来によって自分たちの権威の失墜と支配権の喪失を恐れていた。ヴァーツラフ1世は父の教えに、続いて敬虔なキリスト教徒の祖母[[聖ルボヘミアのリュドミラ|リュドミラ]](聖ルドミラ)の薫陶を受け、キリスト教徒の公として、18歳のとき、時にボヘミア公国の君主の座に就く。彼はキリスト教を広くボヘミアに広め、後に[[聖ヴィート大聖堂]]へと発展する教会を始め、多数の教会を建立する。また[[神聖ローマ帝国]]に臣従してその力を借りて布教を行った。
 
ヴァーツラフ1世の転向は、ボヘミアの貴族たちに深刻な危機意識を齎し、神聖ローマ帝国に屈した裏切り者で異端者のヴァーツラフ1世を排除するため、貴族たちは連合し、公の弟[[ボレスラフ1世 (ボヘミア公)|ボレスラフ]]もこれに加わった。[[935年]]9月の「聖コスマスと聖ダミアヌス」の祝祭に、ボレスラフは兄を誘って、祝いの為、教会へとやって来た兄を暗殺する。ボレスラフはヴァーツラフ1世の後を襲ってボヘミア公となる。
 
ヴァーツラフ1世はその死後、数々の奇蹟が起こったことと[[殉教]]の故に[[列聖]]され[[聖人]]となる。彼は、[[チェコ]]([[ボヘミア]])の[[守護聖人]]として人々の崇敬を受けている。
 
== 英語歌詞 ==