「堀江景忠」の版間の差分

編集の要約なし
m (+en:)
'''堀江 景忠'''('''ほりえ かげただ'''、生年不詳 - [[天正]]4年([[1576年]])?)は[[朝倉氏]]の家臣。堀江景用(ほりえかげもち)の子。中務丞と称す。[[越前国]][[坂井郡]]の有力国人。
 
[[弘治 (日本)|弘治]]元年([[1555年]])の[[朝倉宗滴]]を総大将とする加賀一向一揆攻めに従軍、戦功をあげる。
 
[[永禄]]7年([[1564年]])に朝倉軍は加賀へ再度侵攻し、翌年、翌々年も[[一向一揆]]勢との合戦が続いたが、この最中、景忠は息子である堀江利茂と共に一向一揆に通じ、[[朝倉義景]]に対し謀叛を企てた。