「J-3100シリーズ」の版間の差分

+DynaBookのマーケティング
(+DynaBookのマーケティング)
|website=<!--{{URL|example.org}}-->}}
[[ファイル:Toshiba DynaBook J-3100SS Laptop computer (Notebook computer), Perspective view.jpg|サムネイル|J-3100SS(1989年)]]
'''J-3100シリーズ'''(ジェイサンゼンヒャクシリーズ)は、[[1986年]]に[[東芝]](現・[[ダイナブック (企業)|Dynabook]])が販売を開始したビジネス向け[[パーソナルコンピューター]](パソコン)のシリーズ名である。
 
シリーズ共通の特徴として、[[PC/AT互換機]]でありながらのアーキテクチャーをベースに日本語表示を可能にする独自仕様のハードウェアを搭載し、対応する[[オペレーティングシステム]]および[[ソフトウェア]]の組み合わせで日本語を扱えるようにしている。当初は[[ラップトップパソコン]]のJ-3100シリーズ、[[デスクトップパソコン]]のJ-3300シリーズとして展開されたが、後にJ-3100型番に統一された。1991年の東芝版[[DOS/V]]の発表をきっかけに徐々に[[DOS/V機]]に移行し、J-3100アーキテクチャーは終息に向かった。
 
== 歴史 ==
[[1986年]]に発売された初代機の'''J-3100B11/B12'''は、同年に国で発売された[[PC/AT互換機]] '''[[T3100]]''' をベースに日本語処理機能を追加<ref>「新機種緊急レポート」『月刊アスキー』 1986年12月号、140 - 141頁。</ref>。英語モードはPC/AT互換+[[Color Graphics Adapter|CGA]]互換グラフィック、日本語モードは640x400640×400ドットのグラフィック画面と[[漢字ROM]]を使ってソフトウェアで日本語を表示した。標準では日本語モード用の日本語[[MS-DOS]]が付属し、PC/AT互換の英語モードで使うには別売の英語版MS-DOSが必要であった。PC/AT互換を大きくアピールしたにもかかわらず、実際にはJ-3100ユーザーの中で英語版MS-DOSを購入したユーザーは1割しかいなかった<ref name=":0">小林紀興「{{Cite book|和書|title=東芝の奇襲で日本電気が受けた深傷」、|date=1990-04-25|publisher=[[光文社、1990年、]]|last=小林|first=紀興|isbn=4-334-01250-7|pages=14-30, 128頁。}}</ref>。しかしながら、その高性能とコンパクトさが企業を中心に魅力を集め、1988年までの2年間にシリーズ累計で7万台を販売<ref>{{Cite journal|author=|date=1988-12-26|title=戦略研究パソコン・ビジネス―東芝|journal=日経パソコン|pages=174-191|publisher=日経マグロウヒル|issn=02879506}}</ref>。ラップトップという新たなジャンルを確立した。
 
[[1989年]]6月、A4判サイズ・低価格を売りに'''J-3100SS DynaBook'''を発。外回りの営業マン、ワープロユーザー、まだパソコンを所有していない個人ユーザーまでをターゲットに開発された。3kg未満、A4サイズ、FDD内蔵というスペックもさることながら、20万円を切る価格は話題った。ヒットし々的に行われたマーケティングは、それまでの東芝のパソコン事業とは一線を画すものであった<ref name=":0" />。後継の小型ノートパソコンはJ-3100の型番「みんな、これ継承、目指つつもてきた」というキャッチコピーと'''[[アラン・ケイ]]が1972年に提唱した「[[ダイナブック (東芝)|DynaBook]]'''ブランド」をJ-3100SSの通称としてシリ前面に押し出し、宣伝キャラクタズ化されに[[鈴木亜久里]]を起用し<ref>『日経産業新聞』 1990年3月14日、29面。</ref>日本のパソコン市場で主導権を握っていた[[1991年日本電気]]もこれにはデスクトップモデルがJ危機感を覚え、[[PC-3100型番9800シリーズ]]投入され同様のコンセプトを持つ機種を急いで開発した<ref>{{Cite book|和書|last=関口|first=和一|title=パソコン革命の旗手たち|year=2000|publisher=産業新聞社|ISBN=4-532-16331-5|pages=210-212|chapter=8. 1991年1月25日、7面。挑戦者たち : 東芝ショック}}</ref>。同年10月にVGAを搭載これはPC-9801Nとた'''DynaBook Vシリて完成し、「ノズ'''および[[OADG]]トパソコン」というキャッチコピーと「98NOTE」というブランドを付け、宣伝準拠した[[DOS/V大江千里 (アーティスト)|大江千里]]を起用して11月にされるとた。DynaBookの出だしは順調であったが、1990年には98NOTEの累計販売台数がDynaBookを上回った<ref name="Nikkei_19930315">戸塚正康『{{Cite journal|和書|date=1993-03-15|title=特集 : 追う98、追われる98|journal=本IBMのパソコン新戦略 DOS/Vの衝撃波』、|pages=130–145|publisher=[[本工業新聞社、1991年、173頁。経BP]]|issn=0287-9506}}</ref>、主力は[[DOS/V機]]に移行し、J-3100アーキテクチャーは終息に向かった
 
後継の小型ノートパソコンはJ-3100の型番を継承しつつも、'''[[ダイナブック (東芝)|DynaBook]]'''ブランドとしてシリーズ化された<ref>『日経産業新聞』 1990年3月14日、29面。</ref>。[[1991年]]にはデスクトップモデルがJ-3100型番で投入された<ref>『日経産業新聞』 1991年1月25日、7面。</ref>。同年10月にVGAを搭載した'''DynaBook Vシリーズ'''および[[OADG]]に準拠した[[DOS/V]]が発表されると<ref>戸塚正康『日本IBMのパソコン新戦略 DOS/Vの衝撃波』、日本工業新聞社、1991年、173頁。</ref>、主力は[[DOS/V機]]に移行し、J-3100アーキテクチャーは終息に向かった。
 
2018年に東芝はパソコン事業を[[シャープ]]へ譲渡し、2019年よりシャープと東芝の合弁会社「[[Dynabook (企業)|Dynabook株式会社]]」として存続している。
 
== 代表的なモデル ==