「瀧谷不動明王寺」の版間の差分

編集の要約なし
寺伝によれば、[[821年]]([[弘仁]]12年)に[[空海]]が[[龍泉寺 (富田林市)|龍泉寺]]に参籠したときに、国家安泰、万民化益を願い、一刀三礼で[[不動明王]]・[[矜羯羅童子]](こんがらどうじ)・[[制多迦童子]](せいたかどうじ)の像を刻み、それら3体の仏像を祀るために諸堂が造営されたことを起源とするという。造営当初は今より、約1[[キロメートル|km]]離れた[[嶽山]](だけやま)の中腹にあり、広壮優美な堂塔・伽藍が整えられていたという。
 
[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]になると[[楠木正成]]が[[嶽山城|嶽山]]に[[築城]]し、守護仏として瀧谷不動明王寺の不動明王を崇敬した。[[1360年]]([[正平 (日本)|正平]]15年)に[[足利義詮]]が嶽山城・[[金胎寺城 (河内国)|金胎寺城]](こんたいじじょう)を攻め、そのときの兵火で諸堂が焼失した。伝承によれば、このときに不動明王・矜羯羅童子・制多迦童子は[[滝]]の下に移されて焼失を免れた。その後、[[盲目]]の老僧が現れて、瀧谷不動明王寺の不動明王の霊験を人々に説いて、二[[間]]四面の小堂を建立して礼拝していたが、まもなく老僧は晴眼(せいがん:眼が見えること)になり、姿を消したという。この盲目の老僧は、[[空海|弘法大師(空海)]]の[[化身]]であるとも、また、弘法大師が作った不動明王が霊験あらたかであることを教えたと伝えられている。この説話により、眼病平癒を願う参詣者が多い。
 
[[1462年]]([[寛正]]3年)に[[畠山政長]]と[[畠山義就]]との間で獄山において[[合戦]]があり、そのときの兵火で再び焼失。[[慶長]]年間(1596年〜1615年)に三度目の再興が行われて、現在に至っている。