「ニューミンスター」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{競走馬|
|名 = ニューミンスター|
|画 =
性 = [[牡馬|牡]]|
|説 =
色 = [[馬の毛色#黒鹿毛|黒鹿毛]]|
|性 = [[サラブレッド牡馬|牡]]|
|色 = [[馬の毛色#黒鹿毛|黒鹿毛]]|
生 = [[1848年]]|
|種 = [[1868年サラブレッド]]|
|生 = [[タッチストン1848年]]|
|死 = [[ビーズウイング1868年]]|
|父 = [[タッチストン]]
産 = William Orde|
|母 = [[ビーズウギリスング]]|
|産 = William Orde|
主 = Earl of Eglinton|
|国 = [[イギリス]]
調 = J.Fobert|
|主 = Earl of Eglinton|
績 = 6戦2勝(諸説あり)|
|調 = J.Fobert|
金 = |
|績 = 6戦2勝(諸説あり)|
|金 = |
}}
'''ニューミンスター'''(''Newminster''、[[1848年]] - [[1868年]])は、[[イギリス]]の[[競走馬]]。[[19世紀]]中頃に活躍し、[[種牡馬]]としては大きく成功した。全兄に[[2000ギニー]]に優勝したNunnykirkがいる。
 
'''ニューミンスター'''(''Newminster'')は、[[イギリス]]の[[競走馬]]。[[19世紀]]中頃に活躍し、[[種牡馬]]としては大きく成功した。全兄に[[2000ギニー]]に優勝したNunnykirkがいる。
 
ニューミンスターの血統背景はスタミナの申し子とも言えるもので、父は[[ゴールドカップ|アスコットゴールドカップ]]と[[ドンカスターカップ]]を連覇し、種牡馬としても成功した[[タッチストン]]、母も64戦して51勝、ドンカスターカップを4度勝ち、アスコットゴールドカップにも優勝した[[ビーズウイング]]である。つまり両親合わせて当時長距離のカップレースとして権威の高かったアスコットゴールドカップとドンカスターカップを9回も獲得していることになる。
|}}
 
[[Category:1848年生|にゆみんすた]]
[[Category:1868年没|にゆみんすた]]
[[Category:サラブレッド|にゆみんすた]]
[[Category:イギリス生産の競走馬|にゆみんすた]]
7,122

回編集