「ハリセンボン」の版間の差分

画像位置変更
m (Botによる: Bot作業依頼 {{生物分類表}}内の<center>タグを{{Center}}に置き換え)
(画像位置変更)
 
ハリセンボン科の魚は全世界の[[熱帯]]から[[温帯]]に広く分布し、6属20種類ほどが知られている。全長は15cmほどのものから70cmを超えるものまで種類によって異なる。
 
腹びれがないこと、顎の[[歯]]が癒合していること、皮膚が厚いこと、敵に襲われると水や空気を吸い込んで体を大きく膨らませること、肉食性であることなど、[[フグ]]科と共通した特徴を多く持っている。ただし、フグ科の歯は上下2つずつ、合計4つになっているのに対し、ハリセンボン科の歯は上下1つずつ、合計2つである。科のラテン語名 Diodontidae(2つの歯)もここに由来する。[[毒]]はないとされているが、ハリセンボンに対する検査数がいまだ十分ではないため卵巣などの部位の毒性については断定できないと指摘されている<ref name="okinawa30" />。
 
[[画像:Poisson-lune.jpg|thumb|膨らんだハリセンボン]]
この科の最もわかりやすい特徴は体表に[[鱗]]が変化したたくさんの鋭い棘があることである<ref name="toyama" />。「針千本」という[[和名]]も
この科のもっともわかりやすい特徴は体表に[[鱗]]が変化したたくさんの鋭い棘があることである<ref name="toyama" />。「針千本」という[[和名]]も"Porcupinefish"(Porcupine=[[ヤマアラシ]])という英名もここに由来する。なお、実際の棘の数が千本あるわけではない。過去の調査例によると約千尾のハリセンボンの針の数の平均は369本であった<ref name="toyama" />。この棘は普段は寝ているが、体を膨らませた際には直立し、敵から身を守ると同時に自分の体を大きく見せるのに役立つ。ただしイシガキフグなどは棘が短く、膨らんでも棘が立たない。
 
浅い海の岩礁、[[サンゴ礁]]、砂底に生息する。他のフグ目の魚と同様に胸びれ、尻びれ、背びれをパタパタと羽ばたかせながらゆっくりと泳ぐ。食性は肉食性で、[[貝類]]、[[甲殻類]]、[[ウニ]]など様々さまざまな[[底生生物]](ベントス)を捕食する。丈夫な歯で貝殻や甲羅、ウニの殻なども噛み砕いて食べてしまう
 
本来は熱帯性の魚だが[[暖流]]に乗って北上し、水温が低下する[[冬]]季に[[海岸]]部に大量に漂着することがある。これらの漂着個体は水温が低すぎるため[[繁殖]]できずに死んでしまう([[回遊#死滅回遊|死滅回遊]])。
 
== おもな種類 ==
[[画像:Poisson-lune.jpg|thumb|膨らんだハリセンボン]]
[[File:TucacasDiodonHystrix colour adjusted.jpg|thumb|'''[[ネズミフグ]]''' ''[[w:Diodon hystrix|D. hystrix]]'' Linnaeus, 1758]]
[[File:Pufferfish komodo.jpg|thumb|'''[[ヒトヅラハリセンボン]]''' ''[[w:Diodon liturosus|D. liturosus]]'' Shaw, [[1804年|1804]] ]]
[[File:Chilomycterus reticulatus by OpenCage.jpg|thumb|'''[[イシガキフグ]]''' ''[[w:Chilomycterus reticulatus|Chilomycterus reticulatus]]'' Linnaeus, 1758]]
;'''[[ハリセンボン属]]''' ''[[w:Diodon|Diodon]]'' <small>([[カール・フォン・リンネ|Linnaeus]], [[1758年|1758]])</small>
;*'''ハリセンボン''' ''[[w:Diodon holocanthus|Diodon holocanthus]]'' <small>([[カール・フォン・リンネ|Linnaeus]], [[1758年|1758]])</small> (Long-spined porcupinefish)
;*'''[[メイタイシガキフグ]]''' ''[[:w:Cyclichthys orbicularis|Cyclichthys orbicularis]]'' <small>([[マルクス・エリエゼル・ブロッホ|Bloch]], 1785)</small>
;*'''[[イガグリフグ]]''' ''[[:w:Cyclichthys spilostylus|Cyclichthys spilostylus]]'' <small>(Leis & J. E. Randall 1982)</small>
<gallery>
[[File:TucacasDiodonHystrix colour adjusted.jpg|thumb|'''[[ネズミフグ]]''' ''[[w:Diodon hystrix|D. hystrix]]'' Linnaeus, 1758]]
[[File:Pufferfish komodo.jpg|thumb|'''[[ヒトヅラハリセンボン]]''' ''[[w:Diodon liturosus|D. liturosus]]'' Shaw, [[1804年|1804]] ]]
[[File:Chilomycterus reticulatus by OpenCage.jpg|thumb|'''[[イシガキフグ]]''' ''[[w:Chilomycterus reticulatus|Chilomycterus reticulatus]]'' Linnaeus, 1758]]
</gallery>
 
== 画像 ==
大型のものは棘を皮ごと取り除き、[[鍋料理]]、[[味噌汁]]、[[唐揚げ]]、[[刺身]]など食用になるが、可食部が非常に少なく一般的ではない。[[沖縄県|沖縄]]ではハリセンボンのことを「'''アバサー'''」と呼び、「アバサー汁」は[[沖縄料理]]の一つにも挙げられる<ref name="okinawa30">[https://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/eiken/syoho/documents/s30_117-118.pdf 「沖縄近海産ハリセンボン類の毒性調査」沖縄県衛生環境研究所報、第30号] 沖縄県、2019年10月24日閲覧。</ref>。[[台湾]]の[[澎湖諸島]]ではハリセンボンの刺身や、棘を抜いた皮の[[湯引き]]が名物である。ただし、多くのハリセンボンは棘が鋭く扱いに要注意である。
 
フグの仲間ながら毒は持っていないとされているものの、未解明の点も多い。卵巣については無毒とする報告がある一方、沖縄県の漁師への聞き取り調査などでは卵巣は有毒として廃棄される例も報告されている<ref name="okinawa30" />。ハリセンボンに対する検査数がいまだ十分ではないため、卵巣などの部位の毒性や食用の可能性を断言することはできないとされている<ref name="okinawa30" />。そのため[[食品衛生法]]にもとづく厚生労働省通知(処理等により人の健康を損なうおそれがないと認められるフグ21種類及び部位)ではハリセンボン科に属するハリセンボン、イシガキフグ、ヒトヅラハリセンボン、ネズミフグについては肝臓及び卵巣を食べられない部位としている<ref>[http://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/11692.pdf ふぐの内臓は食べられません!!] 大分県、2019年10月24日閲覧。</ref>。
 
== 被害 ==
{{Commonscat|Diodontidae}}
*[[魚の一覧]]
[[Category{{DEFAULTSORT:フグ目|はりせんほん]]}}
[[Category:白身魚|はりせんほんフグ目]]
[[Category:白身魚]]
<!-- リダイレクト「アバサー」に移しました [[Category:沖縄県の食文化|はりせんほん]] -->