「テトラヒメナ」の版間の差分

編集の要約なし
m (robot Adding: zh:四膜蟲)
'''テトラヒメナ''' (''Tetrahymena'') は水中に生息する[[単細胞真核生物]]で[[繊毛虫]]の一種。分類上は[[原生生物界]]、繊毛虫門、繊毛虫綱、膜口目、テトラヒメナ科、テトラヒメナ属に属する種の総称。洋梨型の形態をしており、体長は 30-100 μm 程度。多数の[[繊毛]]が生えており、これによって運動する。細胞内には収縮胞がある。[[細胞核]]は大核と小核にわかれており、小核は生殖核とも呼ばれる。小核は通常の[[染色体]]数をもち、[[細胞分裂]]のたびに受け継がれてゆく。大核は[[多細胞生物]]でいうと[[体細胞]]のような役割をしており、多倍体して生活に必要な遺伝子のコピー数を増やしている。大核には[[染色体]]の末端が多数存在するため、[[テロメア]]研究の[[モデル生物]]として用いられた。また[[触媒]]機能をもつ [[リボ核酸|RNA]] — [[リボザイム]]もテトラヒメナにおいて始めて発見された。
 
テトラヒメナ属の種
匿名利用者