「MiRNA」の版間の差分

編集の要約なし
{{小文字|title=miRNA}}
'''miRNA'''(micro-RNA)とは、[[細胞]]内に存在する長さ20から25塩基ほどの1本鎖[[リボ核酸|RNA]]をいい、他の遺伝子の発現を調節する機能を有すると考えられている。[[ncRNA]](非コード RNA:[[タンパク質]]への[[翻訳]]はされない)の一種である。
 
miRNAの元になるDNA配列はmiRNAより長く、miRNAの配列と、それにほぼ相補的な逆向きの配列とを含む。このDNA配列が1本鎖RNAに[[転写]]されると、miRNA配列とその逆相補配列は相補的に結合して2本鎖になり、全体としてはヘアピンループ構造([[tRNA]]に似た形)をとる。これをprimary miRNA(pri-miRNA)という。通常、ヘアピンループ構造をとる部分以外にもミスマッチが含まれており、スターフォームとよばれる。[[核]]内にあるDroshaと呼ばれる[[酵素]]がこのpri-miRNA分子の一部を切断してpre-miRNA( miRNAの直接の前駆体)を作る。次いでpre-miRNA分子はExportin-5と呼ばれるキャリアタンパク質によって核外に輸送され、これからダイサー(Dicer:[[RNAi]]を参照)により20-25塩基のmiRNA配列が切り出される(植物ではpri-miRNAが直接ダイサーによって処理される)。
匿名利用者