「量的形質遺伝子座」の版間の差分

編集の要約なし
(形質に量的形質の説明ができたので、重複部分削除)
'''量的形質座位'''(りょうてきけいしつざい、Quantitative trait locus、'''QTL'''と略す:'''量的形質遺伝子座'''ともいう)とは、[[形質#質的形質と量的形質|'''量的形質''']]がどのように生物に表現されるかに影響を与える[[染色体]]上の[[DNA]]領域ことである。そのDNA領域は、シス因子(後述)であることもあり、必ずしも[[リボ核酸|RNA]]に[[転写]]される[[遺伝子]]とは限らない。
 
一般にはQTLの作用力は個々のQTLごとに異なる。形質の[[表現型]]は、関与するQTLの相加効果、優性効果、[[遺伝子座]]間の相互効果([[エピスタシス]])などの[[遺伝効果]]および[[環境効果]]の合計として観察される。
匿名利用者