「定量PCR」の版間の差分

編集の要約なし
((編集) 蛍光プローブ法中で、プライマーとプローブの位置関係を補足説明など)
'''定量PCR'''(ていりょうピーシーアール、[[英語|英]]:Quantitative polymerase chain reaction, 略称:Q-PCR)はその産物を迅速に定量できる[[ポリメラーゼ連鎖反応]](PCR)の改良型である。これは[[DNA]]、[[相補DNA]]または[[リボ核酸]]([[RNA]])(RNA)の増幅が行なわれる前の総量を間接的に測る方法である。そして通常は目的の遺伝子配列が存在するかどうか、何コピー存在するのかを確かめる目的で利用される。3種類の方法があり、これらは難易度と詳細が異なる。他のPCR同様、DNA試料は[[DNAポリメラーゼ]]と温度変化によって増幅される。
 
[[アガロースゲル電気泳動]]、SYBRグリーン(二重鎖DNA[[染色 (生物学)|染色]])、蛍光プローブのうちのどれかがよく利用される方法である。後者2つは[[リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応]]を使いリアルタイムに分析が可能である。
匿名利用者