「ヒト免疫不全ウイルス」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 検査 ==
感染の機会があってから3ヶ月以上経過した後であれば、採血による[[血液]]検査でHIV特異[[抗体]]を検出する事ができ、感染の有無を確認することができる。しかし、HIVの感染初期においては抗体が十分に作られず、血液検査では検出できない期間がある。この期間を[[ウインドウ期間]]と呼んでおり、およそ1ヶ月ほどある。そのためこの間に血液検査を行っても陰性と判断されてしまう。また抗体検査では非特異的な反応によって、あたかも陽性であるかのような偽陽性の結果が出る場合がある。そのため確定診断として、血中のウイルス[[リボ核酸|RNA]]を[[RT-PCR]]法によって検出するウイルス[[DNA]]検査も広く行われている。
 
検査は全国の[[保健所]]で匿名・無料で受けることが出来る。また、自分の居住地以外の保健所でも検査を受けることができる。そして有料であるが、医療機関でも検査を受けることが出来る。都市部の保健所では、夜間や休日にも検査を行っている所があり、仕事や学業に影響を与えず検査できる体制を整えつつある。結果はおよそ一週間ほどで判明するが、近年は30分以内で判明する即日検査も普及しはじめている。
匿名利用者