「ウイルス」の版間の差分

編集の要約なし
 
===ウイルス核酸===
ウイルスの核酸は、通常、[[DNA]]か[[リボ核酸|RNA]]のどちらか一方である。すなわち、他の生物が一個の細胞内にDNA(遺伝子として)とRNA([[mRNA]]、[[rRNA]]、[[tRNA]]など)の両方の分子を含むのに対して、ウイルスの一粒子にはその片方しか含まれない(ただしDNAと共にRNAを一部含む[[B型肝炎ウイルス]]のような例外も稀に存在する)。そのウイルスが持つ核酸の種類によって、ウイルスはDNAウイルスとRNAウイルスに大別される。さらに、それぞれの核酸が一本鎖か二本鎖か、一本鎖のRNAであればmRNAとしての活性を持つか持たないか(プラス鎖RNAかマイナス鎖RNAか)、環状か線状か、などによって細かく分類される。ウイルスのゲノムは他の生物と比べてはるかにサイズが小さく、またコードしている遺伝子の数も極めて少ない。例えば、ヒトの遺伝子が数万あるのに対して、ウイルスでは3~100個ほどだと言われる。
 
ウイルスは基本的にタンパク質と核酸からなる粒子であるため、ウイルスの複製(増殖)のためには少なくとも
匿名利用者