「DNAウイルス」の版間の差分

編集の要約なし
'''DNAウイルス'''とは、[[ゲノム]]として[[DNA]]をもつ[[ウイルス]]のこと。
 
ゲノムDNAから宿主細胞の[[RNA]]ポリメラーゼ]]を利用して[[mRNA]]を合成し、そのmRNAから蛋白質を合成するのがDNAウイルスの増殖経路である。
 
DNAウイルスは[[RNAウイルス]]と異なり、ゲノムの構造に多様性がない。ほとんどが二本鎖DNAウイルスであり、そうでないウイルスは一本鎖-鎖DNAウイルスの[[パルボウイルス科]]と不完全二本鎖DNAウイルスの[[ヘパドナウイルス科]]のみである。DNAの構造はほとんどが環状であり、線状DNAを有するのは[[パポバウイルス]]科のみである。なお、一本鎖DNAウイルスゲノムはそのままでは増殖できないため、宿主細胞のDNAポリメラーゼを使い二本鎖の状態を経て増殖する。また、ペパドナウイルスは非常に特異的な増殖様式を取る。部分的に一本鎖があるこのウイルスは宿主細胞内で完全な二本鎖DNAウイルスとなり、mRNAを合成する。そしてDNAの合成はそのmRNAを[[逆転写]]することで合成される。
匿名利用者